体力の衰えが気力の衰えにつながりうつ病に 男性 41歳 M.I.さん

うつになった当時は担当部署変更の命を受けて自分の業務引継ぎを行い、新業務を担当するハズでしたが、諸事情で後任者が来ない状況になりました。2人分の業務を抱え半年踏ん張りましたが不眠・食欲不振・食後の嘔吐などでフラフラになり、会社からの帰宅中には死ぬことばかり考えてました。

そして心療内科へ受診しうつと診断され休職しました。前述の症状は休職後も悪化し酷い下痢にも悩みました。あらゆる物事から興味を失い、さらには飲酒量が増え暴飲暴食の後で嘔吐したり一日中飲酒したりで非常に荒れた生活を送り、体重も一気に10㎏増加しました。

うつ病で休職してから

薬の服用の効果なのか死ぬことは考えなくなるも依然として非活動的で、インターネットを見たりスマホのゲームで過ごす毎日でした。

外出先で激しい下痢症状に襲われ脱糞してしまったことをキッカケに、近所のコンビニ以外外出しなくなっていました。

回復のキッカケは?

子供が漫画の影響でテニスを始めたいと言い出しました。テニスならラケットとシューズさえ揃えれば安価なプレー代で家族揃って運動できるという事で自分も道具を買いました。

それまで外で遊ぶ機会の少なかった子供の運動不足解消になればと思っていましたが、いざ始めてみたら未経験の自分でもとても楽しくプレー出来る事が分かり、子供を差し置いてドップリとハマリました。始めの2、3回は筋肉痛が辛かったですが毎週プレーするうちに気にならなくなっていました。

そしてテニスグッズに興味が湧きスポーツショップを巡りました。ジャージからテニスウェアへ、安価なレジャー用アルミラケットからカーボングラファイトの良いラケットへとアイテムがグレードアップし毎日庭でゴム付きボールを打ち続けました。

3ヶ月過ぎた頃には1時間以上プレーしても息が上がらない所まで体力が付き、ますますテニスが楽しくなっていました。

うつが少しずつ回復して

体力と共に気力が回復し以前のように物事に興味を持つようになりました。スマホのゲームを止め新聞や本を読むようになり、社会情勢なども気にするなど少しずつ元の自分に戻っていきました。

少ない回数ですが腕立て・腹筋・ストレッチを毎日行い、体重は休職前に戻り、ビール腹はスッキリと凹みました。その後さらに断酒し規則正しい生活を送りました。

そして上司と相談の上まずは通勤の練習から始め、徐々に勤務時間を延長し職場に復帰しました。以前のように業務を過度に抱え込まないよう注意しながら勤務しています。

私の場合30代後半になって草野球やゴルフをプレーしなくなった頃から急激に体力が落ちて、僅かな距離でも車で移動する。ワンフロアでもエレベーター移動が当たり前になっていました。20代では感じなかった肩こりや腰痛にも悩まされていました。

今思えば全て運動不足からうつ病が生じていたと思います。現在は適度に運動が出来ており身体にもストレス解消にも良い環境を保っています。今後も自分の年齢なりに身体を動かして心身ともに健康でいたいと考えています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ