引越のストレスから不眠症になり3年間も悩まされ M・Mさん 37歳

私の不眠症は、ストレスが原因だと思います。結婚を機に地元から県外に引越しました。

引越したといっても同じ九州だったため、私の中ではそこまで抵抗はありませんでした。しかし実際に引越してからは、同じ九州であってもこんなに色々違うものなのかとカルチャーショックを受けました。

引越してからストレスが増えて

当たり前ですが、まず方言が違います。引越先の土地は、言葉が荒くぶっきらぼうな感じさえして、人と接することが好きな私でしたが人と話すのに萎縮するときもありました。

それでもこの土地で生きていくために何とか馴染みたいと思い習い事を始めたり、仕事を見つけて契約社員として働いたりいろいろと行動を起こし何とか頑張ってきました。しかし頑張れば頑張るほど、ストレスは増える一方でした。

引越してから3年不眠が続き

そして、引越してから3年経ったころ、急に体調を崩してしまい心身ともに不調となり会社も辞めざるを得ない状況になりました。今考えるとそうなる1年前くらいから、眠たいのに眠れなくて夜更かししたり、通勤電車の中で動悸がしたり、週末一日中寝ても、全く疲れが取れなかったりしていました。

不調なのに頭だけ冴えてしまい布団に入ってもなかなか眠れない、羊を1000匹以上数えても眠れない、リラックスするために音楽を聴いても眠れない、本当に眠れないということは想像以上に苦痛でした。私の場合、体調も悪かったので外に出てリフレッシュしたり体を動かすこともできなかったので、尚更不眠が治らない状況でした。

頑張ることを止めて

現在もたまに眠れないこともありますが、以前に比べると不眠症は治ってきました。私は頑張ることを一度やめました。会社も辞めました。そして定期的に地元に戻りリフレッシュしています。

好きなことをしてできるだけ体を動かすようにしています。頑張り過ぎて自分らしさをなくしてしまうのは絶対によくないことだと思います。また不眠症を治すために寝心地のよいベッドを購入したり、枕を変えたり、自分の好きなアロマを焚いて、自分の居心地の良い寝る環境を作ることもしました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ