うつ病を治すために規則正しい生活が大切な理由は?

うつ病になると、朝起きることさえ億劫になってしまうことがあります。

日中も体がだるく、一日中家の外にでることなく過ごしてしまう、食欲も落ちるため食生活が乱れる、などの症状が出てきます。

不規則な生活でうつの症状が悪化する!

うつ病の症状が重い時は、できないことを無理にしようとせず、とにかく心と体を休めることが大切だと言われていますが、不規則な生活をあまりにも長く続けているとそのせいでますます症状が悪化してしまうこともあります。

そこで大切なのが、できるだけ規則正しい生活を送るように努力することです。規則正しい生活とは、毎日決まった時間に朝起きて、三食食事を取り、決まった時間に眠るようにすることです。

難しいことではないように思えるのですが、実行すると案外できないこともあります。しかし、規則正しい生活を送ることは、医学的に見てもうつ病の治療に大きな効果があるのです。

朝日を浴びることで体内時計をリセット

まず、毎日決まった時間に朝起きること。朝起きて、陽の光を浴びることで、人間の体内時計がリセットされると言われています。体内時計をリセットすることで、人間が本来持っている、日中に活動するためのスイッチが入ります。

また、体内でセロトニンが分泌され、より活動的に動けるようになります。体内時計が整えられると、そのうち自然と決まった時間にお腹が減ったり、眠くなったりするようになり、生活リズムが整えられていきます。

睡眠でストレスを解消

規則正しい睡眠も、体を健康に保つ上で大切です。睡眠をとることで、人間は疲労を回復し、脳に蓄積された膨大な情報が整理されます。このため、心身のストレスが取り除かれ、健やかな状態に導かれると考えられます。

十分な休養が取れていない人間の体は常に興奮状態に近くなり、心が休まる機会が減っていきます。これが積み重なると、うつの症状も悪化してしまうのではないでしょうか。

規則正しい生活を送れば体が健康になるのはよく知られている話ですが、実はこのように、こころの健康にも大きな影響があるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ