【うつ病の症状別】うつ病の特徴にあわせた漢方薬の選び方は?

うつ病に漢方薬だけでなく体調面にも不調がある人に適しています。

漢方薬では、うつが原因の不調を心身一体の病態と捉えて、気(生理機能)、血(血液)、水(体液全般)の流れを整えていくことで改善していきます。

気疲れからくる不調に効果のある漢方薬

  • 桂皮加竜骨牡励湯…家庭内や仕事先の人間関係に疲れて寝つけない人向きです。心配事で心が高ぶっているやせ形の人に適しています。
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯…身体は丈夫なのに、神経過敏で驚きやすく余計な事を考えて気疲れしてしまう人向けです。

肥満ぎみで興奮しやすい人向けです。桂皮と柴胡の違いは、桂皮には身体をあたためる作用があり、柴胡には、身体を冷やす作用があります。

竜骨は精神安定の効果があります。牡励は、鎮静効果と疲れやすさを改善していく効果があります。

吐き気やノドの違和感がある人に効果のある漢方薬

  • 半夏厚朴湯…気持ちがスッキリしない、うつうつする、ノドがつまる感じがする。吐き気やくびこりがあり、不安がある人に適しています。対人関係に悩みを抱えている人にノドがつまる神経症の症状が見られます。

半夏は、鎮吐、去痰作用、茯苓は鎮静作用、厚朴は弛緩作用があります。身体を弛めて、気持ちを落ち着かせてくれることで、ノドのツマリが気になってしまう症状をおさめてくれます。

ヒステリーやイライラに効果のある漢方薬

  • 抑肝散加陳皮半夏…気が滞ることで、興奮したり落ち込んだりする症状に適しています。肝は、心をコントロールする作用があります。ストレスに一番にダメージを受けるのが肝なのです。

肝の機能が亢進すると、心がコントロールできなくなり、ヒステリーをおこしたりします。それを改善してくれるのが、抑肝散加陳皮半夏なのです。

抑肝散加陳皮半夏に含まれている、柴胡は熱を冷まして心と身体をゆるめる、釣藤は脳の循環をよくします。陳皮半夏は、緩和作用があります。

子供の夜泣きにも使われる漢方薬です。

不眠症に使われる漢方薬

  • 酸棗仁湯…神経を静めて寝つきをよくします。体力がなくて繊細な人に適しています。

酸棗仁湯の酸棗仁は、ナツメの原種で催眠、鎮静作用があります。茯苓、川きゅうは、気を巡らせる効果があります。不眠といえば、漢方薬では先ずは酸棗仁湯が使われる事が多いです。

漢方薬は、自分の体調や症状にあわせて上手に利用しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ