病院にかかりたくない!うつ病を自然療法で治すための4つの条件は?

日本人の4人に1人がうつ病を患わっていると言われています。うつ病の治療と聞けば、思い浮かぶのは心療内科にかよって、抗うつ剤を服用し休養するということです。

しかし、中には心療内科に通いたくない、お薬に頼らずに自然療法によってうつ病を治療したいと考える人も多いでしょう。実際にうつ病が自然療法可能であるのか解説したいと思います。

うつ病は自然療法で治癒できるのか?

人間には体の不調を自力で治そうとする自然治癒力がそなわっています。うつ病においても、こうした治癒力を利用してお医者さんに行かないでも治癒することはできます。

ただし条件があり、比較的軽度のうつ病であること、さらにうつ病を治療するための環境が周囲に整っているという条件があってこそ自然に治癒することができます。

うつ病を自然治癒するための条件

うつ病を自然療法によって治癒するためには生活においてある程度の条件が必要です。

条件は4つです。これらの4条件はうつ病を治療する上では欠かせない条件です。

  • 十分休養できる時間があること
  • 生活のリズムが整っていること
  • 適度な運動をする習慣があること
  • 食事・睡眠が十分にとれる環境にあること

これらの条件を満たしていたとしても、自分流で休養に入る前にまず心療内科の先生にアドバイスをもらうことをおすすめします。

心療内科にいくと薬を処方されると考えがちですが、薬の処方をしたくない旨を伝えれば医師が的確な休養方法をアドバイスしてくれます。

認知のゆがみが大きくないか

うつ病に陥ると、物事を消極的に考えてしまいがちになります。こうした傾向を認知のゆがみといいます。

うつ病が重篤化していると、認知のゆがみが大きくなり自分ではなかなかぬけ出すことができません。このような場合、自然にうつ病を治癒することは難しいといえます。

自分でストレスをコントロールできるか

うつ病を自然治癒する場合は、ストレスを自分でうまくコントロールできる能力が必要です。

普段からストレスの発散方法を心得ている、現状を客観的に理解し妥協できるなど自分の力である程度ストレスをコントロールできないと、自然にうつ病を治癒することは難しいといえるでしょう。

うまくコントロールできない場合は先生に相談するなりする必要があります。

どのくらいで治癒が可能か?

自然療法でうつ病を治癒する場合は、最低でも2週間から3週間の期間が必要です。ですが、この期間も、十分な休暇時間があり、十分な睡眠と食事があり、適度な運動をするという条件が整ってこその期間です。

自分でこのような環境を整えられない場合は医師による診療や投薬が必要になってくるでしょう。うつ病を自然療法で治すことは可能ですが、それなりのハードルはあり、自己流では難しい部分があるといえます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ