抗うつ剤の服用に抵抗を感じる!漢方薬を使ってみては?

うつ病、それは以前「心の風邪」などと巷では言われました。しかし、それは誤りで、心の病気ではなく、脳の病気なのです。

脳の神経伝達物質が過度のストレスなどに晒された事で、誤作動を起こしてしまう病気なのです。その治療にはある程度、薬の助けが必要となってきます。

薬の役割

ある日突然、朝起き上がろうとしても起き上がれなくなった。学校や会社に行こうと思っても足が前に出なくなった。そして食欲が無い、頭が痛い、お腹が苦しい、血圧が急に上昇するなど、様々な不調が突如起こるのです。

このような症状が出た場合、うつ病の可能性が高いでしょう。そこでこのような突如激しく現れた不快な症状を抑えるのに、薬はある程度必要になってきます

うつ病には薬だけではなく、休養も必要ですが、激しい症状を抑えるには薬無しでは難しいのが現実なのです。ですが、この薬、つまり西洋薬がどうしても合わないという人がいるのです。

西洋薬が合わないとは?

年齢層が高い人ほど、うつ病の治療薬である抗うつ薬や抗不安薬に対して強い抵抗感を持っている人が多いです。

おそらく不安なのだと思います。薬も処方された分を信頼して飲み続けないと意味がありません。

他には、ある程度、抗うつ薬などの西洋薬を受け入れているものの、それらの副作用に耐えられないという人も中にはいます。

抗うつ薬は、時代とともにどんどん良い薬が出て来てはいます。しかし、どちらかと言うと副作用が強く出る類の薬ではあります。

なので、うつ病の症状と副作用とを天秤にかけてどちらが勝るかで考えるぐらい、ある程度は副作用に耐える必要があるのです。

漢方薬にもうつ病に効く薬がある

うつ病の薬は西洋薬しか無いようなイメージですが、実は漢方薬の中にもうつ病に効果があるとされている薬があるのです。それが加味帰脾湯です。

これは天然由来成分である生薬が14種類配合されていて、体が細くて血の巡りが悪い人、つまり虚弱体質の人で不眠症やうつ病などに悩まされている人に有効とされています。

虚弱体質の人に向いている漢方薬なので、うつ病を患っていても、がっちりしている人などには向かない薬とされています。

飲み方は一日に三回、食前か食間にぬるま湯で飲みます。より効果を求めたい人は、空腹な状態の方が効果が高いとされているので、食間(食後2時間後ぐらい)をおすすめします。

漢方薬は西洋薬のように劇的な効果が感じられないところがあるかもしれません。しかし、それだけマイルドな薬だという事です。ある程度の期間、気長にのんでみる事が大切でしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ