気分変調症の症状!長期的な抑うつ気分が続くため長期治療が必要

気分変調症とは、広義には正常な気分から偏った気分の状態を指し、狭義には抑うつ的な気分の状態を指します。気分障害の一型です。

今回は気分変調症について、その症状を詳しくまとめ、うつ病との違いについても触れていきたいと思います。

気分変調症の主な特徴について!抑うつが主症状

気分変調症を発症すると、以下のような特徴を示します。まず、ほとんど一日中の慢性的抑うつ気分が少なくとも2年間持続します。抑うつ気分の期間中に食欲減退、または過食、不眠または過眠、気力低下、疲労、自尊心の低下、集中力低下、決断困難、絶望感などの症状が出現します。

そして、この障害の2年間の期間の中で症状のない期間が2か月より長く続くことはありません。

気分変調症の治療について!薬物療法と精神療法

気分変調症が重症であると、周囲に迷惑をかけたり、治療に拒絶的なため、入院治療が望ましいです。

また、自殺の危険がある場合は、自宅では療養できないため、すぐに入院することが望ましいです。そして、治療は薬物療法と精神療法が主になっています。薬物療法では、気分安定薬、抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬が用いられることがあります。

精神療法としては、認知行動療法、対人関係療法が効果があります。

気分変調症とうつ病との違いについて

気分変調症はうつ病と極めて似ていますが、気分変調症が常時落ち込んでいるという訴えやより長い経過を辿るといった点で異なります。

つまり、気分変調症の方がその症状が長期に渡るということです。そのため、通院中に、診断名がうつ病から気分変調症に変わるということもしばしば起こります。

長期のストレスに晒されたり、突然にショッキングな事件に遭遇するなどをきっかけに多く生じやすいです。

まとめ

気分変調症は、まじめで責任感が強い人ほどなりやすいとされています。

また、うつ病と違って症状が長期に渡って継続するため、根気よく治療していくことが必要です。また、症状が少し軽快してきた時ほど、自殺の危険性が高まるため、周囲の人々はよく患者さんをサポートしなければなりません。

気分変調症を発症した際は、周囲の人々が患者さんを1人にせずに、見守ってあげる必要があります。また、叱咤激励したり、重労働をかしたりするのもよくないとされています。

気分変調症は、根気よく治療すれば、必ず完治します。医師の指導のもと、無理をさせないで、しっかり休ませることが重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ