解離性障害が身体に現れる?ストレスが原因の転換性障害です!

解離性障害とは、心に問題を抱えてその重圧に耐えられなくなりその問題となる記憶や感情を自分から切り離す事で精神を保っているのです。

ただし、その事で普通に生活していく事に支障が出てしまうので生活していく事が困難になってしまうのです。こんな時には、治療が必要になります。

同じ様な事が原因により、身体に症状が現れる事があります。それが、転換性障害というものです。今回はこの、転換性障害について調べました。

転換性障害は身体に現れる?病気に似た症状になる!

解離性障害とは、強いストレスや外傷後ストレス障害により精神面に現れる時と身体にあわられる時があります。この身体に現れた時を転換性障害といい、変換症ともいいます。

これは、身体には何も病気の原因になるものが検査をしても認める事が出来きないのに運動や感覚の症状が出ることで日常生活に支障が出ている状況の中にいます。

その症状はどんなもの?

転換性障害の症状には、運動症状と感覚症状があります。代表的なものを下記に挙げてみました。

    <転換性障害の運動症状として代表的なもの>

  • 歩行障害
  • 麻痺
  • 嚥下困難
  • 痙攣発作
  • 声が出なくなる
    <転換性障害の感覚症状として代表的なもの>

  • 四肢の感覚がなくなる
  • 知覚麻痺
  • 視野障害
  • 耳が聞こえなくなる

なぜ身体に出てしまうの?大きく分けて2つの原因!

転換性障害の原因とは、自分にとって不快な事や記憶を無意識に押し込めて意識しないようにしている心の葛藤がありその不安が身体症状として現れているのです。

ストレスの対象法として、幼い頃から身につけたものでもあります。これは、本人の性格や育って来た環境にも深い関係があります。また、身体に症状を出す事で周囲の人から心をかけてもらう事が出来るという利点もあります。

ストレスが原因とは?

押さえ込んでいたストレスを、抑えきれなくなり身体に症状を出しています。幼い頃の虐待や衝撃的な出来事の体験などがストレスになる事が多く見られます。

性格が原因になるの?

性格とは、先天的な気質と育って来た環境の中で自然と身についていきます。ストレスへの対処が上手くない人が、身体に症状を出す事になりやすいです。

病院に行くとどんな事をするの?診断基準がある!

病院へ行くと、医師より患者さんに必要な診察や検査が行なわれます。その後検査結果等を医師が確認をしてから、診断になります。

診断には、アメリカの精神医学会のDSM-5と世界保健機関のICDの診断基準のどちらかを基に診断が進められます。DSM-5の診断基準では下記のようになります。

    <DSM5の転換性障害(変換症、機能的神経症状症)診断基準>

  • A.1つ以上の随意運動、または感覚機能の変化の症状
  • B.その症状と、認められる神経疾患または身体疾患とが適合しない事を裏付ける臨床的所見
  • C.その症状または欠損は、身体的疾患や他の精神疾患では、うまく説明されない
  • D.その症状または欠損は、臨床的に重要な苦痛、社会的、職業的、または他の重要な機能領域で、医学的な評価が必要とされるほど障害を引き起こしている

Aから順番に内容を確認していきましょう。

随意運動・感覚機能の変化?

随意運動とは、自分の思い通りに出来る運動動作の事をいいますがこの運動動作に異常な症状が現れます。感覚機能の変化とは、知覚の症状が多いです。症状は、上記の「転換性障害の症状として」にて表記してあります。

適合しない事を裏付ける?

現れている症状が、本当に病気が原因で引き起こされていないという事が必要になります。検査をしても、身体には異常がない事を証明する必要があります。

他の病気では説明出来ない?

現れている症状が、他の病気が原因で引き起こされていない事が証明される事が必要です。これは、後から脳の病気の脳腫瘍や神経障害がある事が分かる時があるためです。

生活に支障が大きい?

転換性障害は、軽い症状の方から重い症状の方まで沢山います。この為病気であるという診断を下す為には、ご本人がとても苦しんでいる事や生活に支障をきたしている事がある時に病気として診断されます。

治療はどのようにするの?精神療法が中心です!

転換性障害は、症状がどれ位の期間続いているかという事が治療に大きく関係してくるので時期を逃さずに早期の治療をする事が大切です。

そして患者さんは、身体の病気でない事が確認されたら治療が始められます。精神療法を中心にストレスの原因になった事を時間を掛けて聞き出していきます。この障害に効果のある薬物はないので、症状の状態を診断して必要な薬物を処方して症状に対応していく事になります。

薬物治療の効果とは?

治療は精神療法が中心になりますが、緊張や不安を取り除く為や併発した精神疾患の治療の為に薬物を患者さんの症状に合わせて処方する事があります。

病院を受診したらすぐに治るの?症状によります!

転換性障害の症状は人によって色々あります。病院での治療は、原因となった事をカウンセリングで聞きだしていく事になるので時間が掛かります。その事をしっかりと、ご家族の方も理解しておく必要があります。

患者さんによって、その時期に違いもありますし患者さんの性格などによっても簡単には聞き出せないのでどうしても時間を掛ける事になります。

焦らない事時間が必要!

患者さんと主治医との信頼関係が上手く出来てから、患者さんも心を開いて少しずつ治療が進む事になります。ですから、患者さん本人はもちろん家族や周りの人もその事を理解する事が必要になります。

まとめ

今回は転換性障害とは、どのような病気なのか、どのような症状なのか、どうしてなるのかという原因について、病院での治療について調べました。

転換性障害とは、自分でも意識していないうちにストレスによって身体に症状として現れてしまう病気で今は変換症と言われています。

これは、子供の頃から自然と身につけたストレスへの対応でもあります。無意識に押さえつけていたストレスに耐えられないと身体が出している信号でもあります。気がついた時がチャンスです、早期治療の為にも身体の病気が原因でないという事を病院で確認をしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ