うつ病になった家族をサポートする為の3つの心得は?

うつになってしまった家族と接すると、性格が変わってしまったのでは?と思う事もしばしばです。

こんな性格じゃなかったのに、と悲しくなってしまう事もあるでしょう。

心得1:励ましてはいけない!

しかし、それがうつの症状だとわかっていれば、悲しくなる事も予防できるはずです。

その為、正しい知識を身につけていれば、自分の気持ちも予防できる上に相手の状況も把握でき、一石二鳥です。

また、サポートする上でどのような事を言ってはいけないのかという事も、知っておくべきでしょう。これを知らずに、ついうっかり励ましの言葉をかけてしまい、症状を悪化させてしまったなんて事が起きてからでは遅いのです。

家族の少しでも早い回復を望むのであれば、接し方なども身につけておくべきです。

心得2:弱音を受け止めてあげて

では、どのような言葉なら言っても良いのでしょうか。実際にうつの患者と向き合っているカウンセラーの対応から、学んでみましょう。

例えば、患者が弱音を吐いたとしましょう。この時には、励ましの言葉ではなく「そんな気持ちなんだね」と弱音を受け止めます。

また、ただ弱音を受け止めるだけではいけません。患者の苦しい、つらいといった気持ちも汲んだ上で「それは苦しかったね」や「それはつらかったね」などと気持ちを理解してあげるような対応を行うのです。

何故なら、弱音を吐くという事は、自分自身の今の気持ちをわかってほしいという欲求が強いからです。その欲求に応えずに放置して、励ましの言葉をかけたらどうでしょうか?

うつの患者からすると「誰にもこの気持ちはわかってもらえない」と思って、塞ぎこんでしまいます。

心得3:自己否定の悪循環を断ち切るために

孤独感も強くなる為、どんどん否定的な考えにもなっていき、悪循環です。この悪循環を断ち切る為にも、患者の欲求には応えてあげましょう

こうした対応を心がける事によって、これまでは薬の服用を拒否していた患者も、服用するようになったという実例もあるほどです。

もし、家族が服用を拒否しているのであれば、是非この対応を実践してみて下さい。効果が出るまでには個人差があるでしょうが、きっと良い方向へと導いてくれるはずです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ