「睡眠障害」と「食欲の低下」はうつ病の症状なのか?

うつ病に見られる症状として多いものに、「睡眠障害」と「食欲の低下」があります。

お腹がすいたら食事が欲しくなる、夜になったら寝て朝になったら起きる、というのが人間の自然な姿ですが、うつ病では睡眠や食の様子にも変化が出ることが多いのです。

睡眠障害の症状は?

睡眠に見られる症状には「眠れない」「寝つきが悪い」などが主です。また、眠りにつけないというだけではなく、いったん眠っても夜中や早朝に目が覚めることもあります。

さらに、目が覚めても再び眠りにつくことができずに、そのまま夜を明かしてしまうケースもあります。

食欲低下の症状は?

食欲の低下については、食べたいけれど食べられないと言うよりも「食べたいと思わない」「食事を欲さない」という表現の方が分かりやすいのではないでしょうか。

中には、無理をしてとにかく何かを食べるようにしているという方もいますが、食べ物を口にしてもおいしいと思えず、食が進まないというケースもあります。

不眠、食欲の低下、このような状態が続くと体まで辛くなってきてしまうのは容易に想像できますね。心身共に疲れ果ててしまうわけです。

そのため、うつ病では体重の減少が起こることも多いです。人によっては短期間でゲッソリとして見えてしまうこともあるほどです。

「睡眠障害」と「食欲低下」にはうつ病が隠れている?

ただし、うつ病だからと言って、必ずしも上記のような症状が出るわけではありません。いつもより長い時間寝る(寝すぎる)ようになったり、食欲が増したりするケースもあります。

夜の睡眠や昼寝の時間が長くなったり、目に見えて体重が増えてきたりすると「怠けている」「だらしない」と真っ先に思われてしまうかもしれませんが、実は心の病気であったという可能性もあるのです。

過食に関しては、ただ食べ過ぎるという場合もあれば、甘い物や飲み物など、何か特定の食べ物ばかりを欲するようになることもあります。

もちろん、上記で挙げたような症状がみられるからといって、必ずうつ病であるというわけではありません。

しかし、睡眠や体重の変化は、本人や家族から見ても気づきやすいポイントでしょうから、おかしいなと思う事があれば気にかけてみて下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ