仕事のストレスでうつ病になったら休職した方がいい理由は?

仕事場とは人間関係、ノルマ、クライアントからプレッシャーや出世競争などストレスだらけの場所です。

実際に仕事が原因でうつを発症する人が多く、とあるデータでは実に8割以上の人が仕事場での人間関係にストレスを感じていると答えています。

仕事のストレスは休職しないと解決しない?

人間はある程度のストレスには耐えることが出来ますが、それでも限界がありダムに水が溜まりすぎて決壊するように、ストレスが溜まり過ぎると一気に精神のバランスが崩れてしまいます。

そうやってバランスの崩れた精神はすぐに治るわけではありません

比較的軽いうつの症状なら十分な睡眠と抗うつ剤を併用すれば改善に向かう場合もありますが、症状が深刻な場合には、根本的な原因は仕事のストレスにあるわけですから、休職してじっくりと治療に専念することが結果的には早く解決します。

休職のタイミングは?

それでは休職したほうがいいタイミングとはどんなときなのでしょうか?

  • 仕事が忙しく終電で帰宅し、早朝に出勤しなければならず睡眠時間がない
  • 仕事が気になり眠れない
  • 朝目が覚めても体が辛くて起き上がれない
  • 朝、気力が出ず、吐き気、頭痛など体調が優れない
  • 遅刻や欠勤が多くなった
  • 3~6ヶ月ほどうつの治療をしているか改善が見られない

このような症状がいくつか見られたら休職するサインです。

休職はその会社で働く社員の立派な権利ですが、あなたの会社の就業規則の休職に関する項目を確認する必要があります。

休職のメリットは?

休職するメリットは満額ではないが、休職中にも手当が支給される、会社での身分は保証されているのでいつでも復帰できる、ゆっくり時間をかけて休養できるなどのメリットがたくさんあります。

うつを患ったまま仕事をすることは自分が苦しむばかりか、能率が下がっているため大きなミスにも繋がりかねず会社に大きな迷惑をかけてしまうことがあります。

うつの自覚症状を感じたら恥ずかしがらず、うつの負の連鎖を断ち切るためにも上司に休職の相談をしてみましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ