なぜうつ病に抗うつ剤(SSRI)が処方されるのか?

抗うつ剤とは、簡単に言うと「やる気が起きない」状態から「やる気が出る」状態へ持っていくお薬するのことです。

ちょっと難しいお話ですが、一般的な薬による治療は「やる気が起きない」などのうつ状態に対してセトロニンと言う神経伝達物質が不足しているためにSSRIやSNRIと言う薬を用いて「やる気が出る」という状態に持っていくことです。

以前は三環系と呼ばれる薬が多く用いられてましたが、副作用が多く現在ではSSRIが主流です。副作用については ⇒ 抗うつ剤の副作用を参考にして下さい。

やる気はどうして出るのか?

「やる気が出る」という状態はシナプス(シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位とその構造)間でのセロトニンのやり取りがスムーズに行われている状態です。セロトニンが不足するとこのやり取りがうまくいかないため「やる気が起きない」という状態になります。

そこで、SSRIという薬を用いてセロトニンの濃度を高めて、セロトニンのやり取りをスムーズに行わせて、結果として「やる気が起きない」といううつ状態を改善させます。しかし、SSRIは使用しているうちに体に耐性ができてしまい、量を増やしたり、種類を変えたりしなくてはならなくなります。

効果は?

直ぐに効果が出るわけではなく、飲み始めてからおおよそ2週間程度かかると言われています。ここで効果が出なければほかの薬に変えるなどの方法がとられます。

SSRIが有名になった映画

SSRIが有名になったのは『私は「うつ依存症」の女』という映画(原題は「Prozac Nation」)という映画に出てからです。ProzacとはSSRIの種類で、Nationが人という意味で、抗うつ剤に依存している人という意味だそうです。

一時期アメリカのビジネスマンの間でやる気を起こすためにうつ病でもないのにProzacを飲むということが流行ったそうです。それだけこの薬が「やる気を起こさせる」ことの薬ということです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ