パニック障害患者の為に家族ができる事は?サポートの方法は4つ!

パニック障害になってしまった事を、家族や大切な人に知らせていますか?「心配をかけたくない」「自分で何とかしたい」と思っていませんか?家族は、あなたが元気でいてくれることを願っているのではないでしょうか。

家族の誰かがパニック障害になってしまった時、あなたはどうしますか。パニック障害患者にとって、一番安心出来る場所は「家庭」であり「家族」の存在がとても重要な役割を担っています。大切な人の話を聞いてあげてください。

家族に知られたくないのですが?告白する勇気を!

家族を信じて、手助けしてもらいましょう。

病気の克服を妨げるもの

自分がパニック障害であることを周囲に言えない人がいます。根底には「自分のせいだ」「心配をかけたくない」「迷惑をかけたくない」「自分で何とかしたい」などの思いがあります。しかし、その考え方こそパニック障害の原因の1つであり・病気の克服を妨げるものなのです。

勇気を出して家族に告白

パニック障害の患者は人一倍周囲に気を遣うタイプの人です。でも、病気を隠していては問題は解決しません。パニック障害になった事を、勇気を出して家族(信頼できる人)に伝えましょう。家族は、喜んで力を貸してくれるはずです。

病気になってしまった「弱い自分」を曝け出す事で、あなたも気持ちが楽になるはずです。パニック障害の克服は、そこから始まります。

家族が発症したのですが?まずは病気を理解して

いつでも・誰でも罹りうる病気だという事を理解してください。

「不安」や「恐怖」を理解して

あなたは「パニック障害」という病気を知っていますか?あなたの身近にいる大切な人がパニック障害にかかってしまったら、どのように接していけばいいのか知っていますか?

「パニック障害」になってしまった本人は、訳の分からぬ「不安」や「恐怖」を抱えて苦しんでいます。パニック障害について理解し、力を貸してあげてください。

理解と協力が不可欠

「活発で頑張り屋の人」や「内気で緊張しやすい人」は自分の悩みや苦しみを内に秘めてしまい、ストレスを抱え込む傾向があります。そのため、パニック障害になりやすいのです。病気になった自分を責めてしまう事さえあります。

パニック障害を克服するには、家族の理解と協力が不可欠です。温かく見守り、回復への道をサポートしてあげてください。

100人中1~5名の病気

以前は、性格やストレスが原因の病気だと思われていましたが、現在は「脳の機能異常」が主要な原因だと考えられています。「不安神経症」の1つです。1992年に世界保健機構(WHO)によって正式に名前が登録されたばかりで研究途上の病気です。

100人中1~5名の罹患率です。激しい発作に驚いてしまいますが、パニック発作で死ぬ事はありません。

病気の全体像を捉えて

パニック障害は「悩み」そのものが原因の病気ではありません。様々な問題が複雑に絡み合い、その上に「脳の機能異常」が重なって発症しているのです。悩みの相談に乗るだけでは病気の解決にはなりません。パニック障害の全体像を捉えた上で、患者の心に寄り添う事が大切です。

気力では治せない

パニック障害は「脳の機能異常」が原因です。けっして心が弱いからではありません。「気合で治せ」とか「怠けている」などと言われても、本人にはどうする事も出来ないのです。それどころか、患者を苦しめ追い詰めてしまうだけです。

患者を焦らせない

パニック障害は、複雑な構造の病気です。その為、一朝一夕での回復は望めません。早くて数年、長引くと回復まで10年以上かかってしまう場合もあります。治ったように見えても、いつかまた発作が再発するかもしれないのです。

周囲が勝手に「治った」と決め付けてはいけません。患者を焦らせないように注意してください。

    <患者を理解する為のキーワード>

  • パニック障害を理解する
  • パニック障害で死ぬ事はない
  • 気力では治せない
  • 慢性の病気で回復に時間がかかる

患者とどう接すればいいの?寄り添う気持ちで

パニック障害の症状や患者の苦しさを理解してください。

「否定」から始めない

パニック障害は周りから見て分かるような身体症状がありません。その為「仮病か」と疑われたり「ヒステリーだ」と勘違いさせてしまう事もあるでしょう。

しかしこの判断が、苦しんでいる患者の心をさらに傷つけ、ますます症状を悪化させてしてしまう事にもなります。患者への対応を「否定」から始めないよう気をつけてください。

出来る事はない?

パニック発作が起きて一番苦しんでいるのは、患者です。周囲が慌ててしまったのでは、患者はさらに不安になってしまいます。まずは楽な体勢を取らせ、付き添っていてあげましょう。「何か、出来る事はない?」その言葉だけでも、患者の不安は軽減します。

引きこもり防止で鬱を防ぐ

患者が「広場恐怖」を併発していると、一人で外出できなくなる事があります。そのまま引きこもるようになってしまうと、より重篤な「鬱病」を併発してしまう危険性もあります。

パニック障害から回復していく為に「認知行動療法」は欠かせないものです。患者に同行して外に出かける事で、引きこもりを防止してください。

傍にいるから大丈夫

患者に対して、「早く治るといいね」「今日は調子良さそうだね」など、回復を急かすような言葉は避けてください。あなたは励まし応援しているつもりでも、患者にはプレッシャーやストレスになってしまう事があります。

その場合ますます回復を遅らせてしまう危険もあります。「傍にいるから大丈夫だよ」という気持ちで温かく見守ってあげてください。

患者に共感をしめす

パニック発作・障害の苦しさは分からなくても、その辛さを想像する事は出来るはずです。自分の気持ちを聞いてもらえるだけでも、患者の不安は薄れ・緊張は解れていきます。あなたの思いやりや優しさが、患者の回復への力になり勇気になっていきます。

    <患者と上手に接する為のキーワード>

  • 患者への対応を否定から始めない
  • 患者に発作が起きた時に焦らない
  • 引きこもりを防止する
  • 認知行動療法に付き添う
  • 焦らせないように温かく見守る
  • 患者に共感を示す

患者のために何が出来るの?治療のサポートを

自分は患者の為に何が出来るのか、考えてみてください。

一歩引いてサポートする

パニック障害で苦しみながらも回復を目指している患者。薬やカウンセリングでそれを手助けする医師。あなたには「患者の様子を観察して本人や医師に知らせる」「患者の応援やサポートをする」といったことが出来ます。

一度だけでもいいので、通院初期のうちに患者本人と一緒に病院に行って医師の話を聞き、パニック発作への理解を共有してください。

服薬は医師の指示通り

パニック障害の治療で処方される薬は、発作を抑えコントロールする為にとても有効です。ところが、患者の中にはしばらく発作が無いことで「治った」と思い込み、自己判断で薬を止めてしまう人がいます。

実際には治りきっていないので、再び発作が起こる事が考えられます。その場合、症状がより重くなったり・回復までの期間が長期化してしまう事もあります。医師の指示があるまで、勝手に薬の服用を止めてはいけません。

薬は様子を見ながら処方

パニック障害で使われる薬には、多少の副作用を伴うものがあります。また、低いながら依存性を持つ薬もあります。これは医師も理解しているものです。医師は患者の様子を診て・患者と相談しながら、薬の種類を変えたり・量を調節したりしています。特に心配する必要はありません。

認知療法へのサポート

パニック障害を克服する為に、患者は「認知行動療法」に取り組む事になります。認知療法として、生活習慣を見直したり・考え方の悪い癖を見直していく事になります。患者にとっては、大変な作業になります。

あなたは「リラックスさせる」「話を聞く」「サポートする」というスタンスで接してください。

チャレンジの積み重ね

外に出ること、行動療法(暴露療法)を避けていてはパニック障害からの回復は望めません。しかしこれは、患者にとって辛く苦しい作業になります。そんな時「信頼できる人が傍にいてくれる」だけで不安に耐え恐怖を乗り越える力になります。

小さな階段を一段ずつ登っていくようなチャレンジの積み重ねです。ただし、行動療法を強要してはいけません。患者と相談し、その気持ちを促す程度で押えておきましょう。

患者の力と勇気の素

そしてチャレンジに成功した時は「頑張ったね」「良かったね」と言ってあげてください。もし上手くいかなくても「大丈夫」「またやってみよう」と言ってあげてください。その言葉が、行動療法という辛く苦しい作業に取り組む患者の力になり勇気になります。

サポートも楽な気持ちで

患者をサポートしていく中で、頑張りすぎて自分までダウンする事が無いように気をつけましょう。皆で体調を崩してしまっては、もともこもありません。場合によっては、サポートの仕方について患者や医師と相談する必要も出てきます。サポートする側も、「頑張り過ぎない」を心掛けてください。

    <患者へのサポート>

  • 患者の病気を理解する
  • 薬の服用をきちんと続けさせる
  • 薬の内容・量については医師を信頼する
  • 患者の話に耳を傾ける
  • 患者に付き添い、見守る
  • 患者を褒める
  • サポートする側も頑張り過ぎない

社会復帰の為に手伝える事は?理解とサポート

症状が改善してきても、社会復帰には不安が伴います。

社会復帰へのサポート

職場では上司や同僚に・学校では先生やクラスメイトに、パニック障害である事やその症状についてある程度理解してもらった方がいいでしょう。患者にとっては、職場や学校に通う事もそこで過ごす事もハードルの高い作業です。職場や学校に理解者がいれば、患者の不安感や緊張感も軽減されます。

家族は、通院や服薬・規則正しい生活・頑張り過ぎない事など、患者の生活全般をサポートしていく必要があります。

患者の治療を助けるには?理解とサポートを!

パニック障害になってしまったのは、今まで一人で頑張って頑張りすぎてしまったからです。今は一休みして、家族の助け・協力を得ながら回復を目指してください。

パニック障害から回復するためには、患者一人だけでは困難です。医師の力(薬物療法・心理療法)を借りても足りないものがあります。患者には支えてくれる人「家族」が必要です。

病気を理解し・患者の治療を温かく見守り・活動をサポートしていく事が重要です。それによって患者は力と勇気を得、パニック障害克服の為に前向きにチャレンジしていく事が出来るのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ