最近増えてきている躁うつ病とは?

躁鬱躁うつ病とは気分障害の一種で、躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患のことで、統合失調症と並んで二大精神疾患とされています。尚、現在は双極性障害という病名で呼ばれています。

過去の有名人ではイギリスの政治家ウィンストン・チャーチル、作家のヘミングウェイや夏目漱石も躁うつ病を患っていたと言われています。躁状態の時にいい仕事が出来るので偉人の人も結構躁うつ病患者の人が多いです。

どれぐらいいるの?

躁うつ病の生涯有病率は、海外で1.0~1.5%、国内の疫学調査では0.2%と低いですが、うつ病の増加と共に国内でも関心が高くなって来ています。

どんな症状?

気分障害、または感情障害と呼ばれることもありますが、原因なしに気分が高揚したり沈んだり、その程度が極端な場合に躁状態、うつ状態と呼びます。

分かりやすく説明すると、躁状態の時に車で言うガソリンを使い果たし、これ以上走れなくなって止まってしまいうつ状態になるというイメージです。

躁状態の時

躁状態の時は、自分でも調子が良いと思っているため、歯止めが効かず、病気の自覚がなく治療や入院を否定しがちです。

うつ状態の時

うつ状態になると躁状態の時のことを思い出して自己嫌悪に陥り、悲観的になって命を絶つこともあります。

躁状態とうつ状態が繰り返す場合を双極性障害(躁うつ病)、うつ状態だけの場合をうつ病となります。双極性障害は、躁状態の分類によって病名が診断されます。

躁状態の分類

アメリカ精神医学会の分類によると、双極Ⅰ型障害は、躁状態が激しく、双極Ⅱ型障害の躁状態は、軽躁のケースです。

双極Ⅰ型障害

Ⅰ型の躁は、何週間も不眠不休で行動したり、浪費、ギャンブルをしたり、人によっては誇大妄想、幻覚・幻聴を伴います。

双極Ⅰ型障害は症状が出ない寛解期を挟んで、躁状態とうつ状態が繰り返すケースが多く、その間隔は平均数年とされ、時には躁状態とうつ状態が混在して出現するケースもあります。

双極Ⅱ型障害

Ⅱ型の躁は、社会生活に支障はあまりありませんが、眠らない、話が飛躍したり、衝動的だったりと無理はしています。両者ともうつ状態はうつ病と同様ですが、不眠だけでなく過眠になることも多いです。

双極Ⅱ型障害は、軽度の躁状態とうつ状態の繰り返しのため、うつ病が反復していると考えられているケースも多いです。

急速交代型

また1年のうちに4回以上、躁状態とうつ状態を繰り返す場合は、急速交代型と呼んでいます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ