うつで休養中の過ごし方は?気分が少し良くなったら外へ出てみよう

うつと診断されてしまったら、通常は、医師から休養をすすめられます。

休養はうつの治療にとってはとても大事なことです。

休養で脳にエネルギーを充填

うつは、脳内の神経伝達物質が大きなストレスにより働きが悪くなるために起こると言われています。特に、落ち着き、安静にかかわるセロトニンがとても重要なのですが、これも不足しています。

正常に戻すには、エネルギーを充填するように、安静にして力をためなければなりません。ですので、うつの休養は自宅で、仕事などのことを考えないようにして、毎日安静にして過ごします

体が動かないときに、無理に外に出たり、活動をしたりするのも厳禁です。のんびりと、だらだらと、静かに過ごすようにします。

休養を続けていると、体調もよくなってきます。うつ状態も少しずつ軽くなってくることでしょう。

日光を浴びてセロトニンを作ろう

体調がよくなってきたなと感じたら、少しずつ外に出てみましょう。外に出る場合は、最初はベランダや庭といった、自分の敷地内で、朝日の光をあびる程度のことから始めます。

日光にあたると、セロトニンの産生がうながされるといいます。

先ほども述べましたが、うつの原因は、ストレスにより起こるセロトニンなどの脳内物質の減少ですので、日光に当たる事はとても重要だといえます。

体内リズムを整えることにもつながりますし、まずは目覚めたら決まった時間に日光をあびることからはじめてみましょう。そして、少しずつ外出をしてみるようにもしましょう。

まずは家の近くから散歩を

最初は信頼できる人と一緒に行動するようにします。まずは家の近くの散歩をしてみる程度から始めるのが良いです。

毎日の散歩に慣れてきたら、買い物などにも行ってみましょう。それも、時間に追われるのではなく、のんびりとショッピングを楽しむ程度にしておきましょう。

少しでもストレスを感じるようでしたらすぐにストップすることが大事です。そして、その外出のステップごとに、自分を肯定し、認めて、行動できたことをほめましょう

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ