強迫性障害の治し方はあるの?時間は掛かりますが治療の効果はある!

家の鍵をかけたか不安になり、確認の作業をする事はだれにでもある事です。でも、その作業を不安感が無くならないので何度も何度も繰り返す事は病気です。

これは、強迫性障害という病気になります。これは、多くの人が病気と考えていなくて自分の性格と決めて事が多いのです。その為に、治療を始める事が出来ていない患者さんが多くいるのです。

今は治療にも進歩があり、この病気は正しく治療をする事で高い効果も出ているのです。今回は、こんな強迫性障害の治療方法について調べてみました。

強迫性障害は何なの?不安から確認作業を繰り返す!

何度洗ってもきれいになったと、感じる事が出来ずに何度も何度も繰り返し手を洗う作業を繰り返してしまうのです。この作業はほんの1例で、人によって違いがありますがこのような特定の考えが自分の意志とは無関係に繰り返し浮かぶのです。

そして、そこから湧き上がる不安や強い恐怖を消す為に何度でも同じ行為を繰り返す事が症状になります。これは、珍しい病気ではないという事と治療をすれば効果が出る病気でもあります。

治療の効果がある!

ここ何年間で、強迫性障害の治療は大きく前進しました。そして、正しいく治療をはじめる事で高い効果も出るようになって来ました。

治療方法はどんな方法?症状に合わせて適切に対応!

強迫性障害の症状は、人によって様々あります。だれでも同じ治療方法と言うわけにはいきませんですから、その症状に合わせて専門医の下で正しい治療をする事がとても大切な事になります。

治療を進める上で大切な事は、不安と戦わなければいけないのです。しかし不安感が大きな時には、その治療が進めなくなります。ですから、まず薬を使い少しでも不安感を少なくします。

薬で不安を少なくする!

治療に使われる抗うつ剤には、不安などを低下させる働きや和らげる作用があります。専門医にて相談をして出来る限り不安などを少なくしていくようにしましょう。

持病のある人は注意!

治療に使われる薬は、副作用も少なく安全性の高い物が使われています。しかし、肝臓病や腎臓病などの持病がある方や高齢者の方は注意をしましょう。アルコールも飲まないようにしましょう。

下記によく見られる副作用を挙げましたので、この他にもありますが気がついた時には医師に相談しましょう。

    <よく見られる副作用とは>

  • 吐き気
  • 口の中の乾き
  • 便秘
  • 倦怠感
  • めまい・たちくらみ

不安を少なくした後は?認知行動療法で考え方を修正!

強迫性障害の治療には、認知行動療法と薬物療法の両方を進める事がどちらか1つの治療をした人よりも高い効果と再発する可能性が低いという結果が出ています。

認知行動療法は、認知療法と行動療法を組み合わせて行なう事が増えてきた事で呼ばれるようになりました。強迫性障害の治療には、「暴露反応妨害法」と言う方法が行なわれます。

暴露反応妨害法とは?

これは、暴露というこれまで恐れてきた状況に向き合う技法と反応妨害法という強迫行為をしないようにして、不安や苦痛が減ることを体験するという技法を組み合わせてた物です。

今の状況を確認する事!

今の自分の状況を、きちんと把握する事が治療を進める為にも大きなポイントになります。その為に、今の状態を分かる範囲内で書き出す事も治療の手助けになります。

治療を適切にする為には?専門医を受診しましょう!

強迫性障害は、正しい治療をする事で改善の高い効果が出ている病気になります。患者さんの中には、自分の性格のせいと考えて病院への受診を考えていない人も多いのです。何の病気でも早期発見が早期治療が大事なポイントになります。

強迫性障害も早く治療を始める事が大切です。治療には、専門医の指導の下時間をかけて行なう必要があり、時間も必要になるので、通院しやすい精神科や精神神経科や心療内科の受診をお勧めします。

日常生活を普通に過せる?

現在は、強迫性障害の治療方法も良くなりましたので専門医の下で時間をかけて正しい治療法を行われる事で7割以上の患者さんが普通に日常生活を過せるようになりました。

治療する時の注意とは?

治療は、基本通院になります。その間休職などせずに今まで通りの生活の中で、治療を進めるようにしましょう。その方が、暇な時間が増える事がなく症状に悩まされる事も少なくなります。

治療は1人では出来ない?家族の理解が必要です!

治療には家族の協力が必要になります。これは、強迫症状の手伝いをする事ではないのです。また、手伝ってはいけないと無視する事でもないのです。

強迫性障害を正しく理解する事が、大事な事になります。その事が正しい判断が出来るようになるためには必要な事になり大切な事になります。

患者さんと一緒に病院へ行き、患者さんの今の状態を知る事です。医師の説明を聞いて理解する事で家族の中のトラブルも防ぐ事が出来ます。

巻き込まれないように!

家族に強迫性障害の患者さんがいると、悩んでいる姿を見て手助けをしてしまいがちですがそれは逆効果になります。専門家に相談して、改善に繋がるように行動しましょう。

まとめ

今回は、強迫性障害について、治療方法とは、治療の効果についてそして強迫性障害の家族がした方が良い事や注意点について調べました。

強迫性障害は、治らない病気ではないのです。治療方法も、ここ何年かでとても進歩して治療の高い効果も出るようになっています。

治療方法については、薬物の治療と認知行動療法を併せて行う事でどちらか片方の治療をした方よりも高い効果が出ている事と再発の確率が低い事も報告されています。

治療には、早期治療と専門医の下で行う事がとても大切になります。ご家族の協力もとても大切になりますので、気がついた時には患者さんと共に専門医を受診して状況の説明を受ける事が大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ