自律神経失調症を克服!安西ひろこさんの克服方法とは?

安西ひろこさんと言えば、デビュー当時はカリスマギャルとして若者から圧倒的な人気のあるタレントさんでした。

グラビアやテレビ、雑誌で活躍されていましたが、突然、メディアから姿が見られなくなったのは、自律神経失調症の病気が原因だったのです。

彼女はなぜ、自立親権失調症を患うことになり、どのようにして克服していったのでしょうか。

どうして病気になったの?原因とは?

安西ひろこさんは、カリスマギャルとして雑誌やテレビで引っ張りだこの人気タレントでした。

仕事もどんどん多忙になり、お休みはほとんど無かったそうです。朝の4~5時ごろには仕事の為の迎えの車が来て、帰宅するのは深夜の2~3時ごろという日々を過ごされていたそうです。

自律神経失調症は、生活リズムの乱れが原因となり発症することがあるそうです。それに加え、当時、結婚まで考えていた彼氏との破局もありました。

過度な仕事による生活リズムの乱れに、精神的なストレスが重なり、パニック障害を発症させてしまうことになってしまったのです。

どんな症状が現れたの?パニック発作とは?

最初は、ふわふわとした感覚になりめまいのような症状が現れました。

やがて、めまいの症状が深刻化していき、歩くこともできずにトイレにほふく前進で行ったこともあるそうです。めまいや耳鳴りの症状が現れて病院へ行ったのですが、その症状から「メニエール病」と診断されました。

しだいに症状は悪化していき、めまいや耳鳴りだけでなく、幻聴が聞こえるようになり、自殺をほのめかすようなことを口走るようになりました。

摂食障害も併発し、当時の体重は、156センチの身長で、37キロまで落ちました。

どのように克服したの?克服方法とは?

彼女が闘病生活を克服するまでに、13年もの月日が掛かりました。薬を服用して治療をされていたそうです。

闘病中の安西ひろこさんを支えたのは、母親でした。外出することもできなかった彼女に付き添い、母と共に外出する練習をしました。少しずつ外出することができるようになると、次は、人とコミュニケーションを取れるように練習していったそうです。

病気をきっかけに考え方も変化していったようです。病気を克服するためには、自分を受け入れ認めてあげることが重要です。彼女は、自分の病気と自分自身を受け入れて、自分の本音に正直に生きられるようになりました。

まとめ

カリスマギャルとして若者から絶大な人気があった安西ひろこさんが、自律神経失調症を患っていました。めまいや耳鳴りから始まり、幻聴や自殺願望まで症状は深刻になっていったそうです。

摂食障害も患い、体重も37キロまで落ちてしまいました。彼女は、薬を服用しながら少しずつ症状を克服していきました。闘病生活を支えてくれた母親の存在は大きかったようです。

母が付き添って外出する練習をし、人とコミュニケーションを取れる練習もしました。そして、自分の病気と自分自身を受け入れてあげることで、自分の本音に正直に生きられるようになっていったのです。

ストレスから解放され自分らしく生きることで、自律神経失調症を克服することができたのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ