子供の不安障害にはどう対応する?問題解決技法6つの手順が効果的!

「不安障害」とは、不安を主訴として様々な身体症状を伴って日常生活に支障がでてしまう疾患です。

しかし、子供の場合、自分の心の問題について自ら訴えることは困難ですし、性格の問題と誤解されることや自閉症などの別の精神疾患と間違われることも多く、周囲の大人が「不安障害である」ということに気が付かない場合が多くみられています。

子供の不安障害を見逃し放置してしまうと、症状が悪化し取り返しのつかない事態に陥ってしまう可能性があるため、周囲の大人が注意しておくべき内容について説明します。

子供の不安障害の現れ方は?早期治療の重要性!

子供の不安障害の症状は、大人と同様に「激しい恐怖」や「過度の不安感」です。症状が長期間継続することもあり、日常生活だけでなく子供の将来にも著しい支障が生じる恐れがあります。

子供の不安障害の現れ方は?

子供の不安障害は、主に次のような状況や行動に現れてきます。

    <子供の不安障害の現れ方>

  • 人前での発言や朗読、黒板に字を書くことが苦手
  • 人前で食事や学校のトイレを使うことに苦痛を感じる
  • 苦手な状況になると吐き気や腹痛などの身体症状を訴える
  • 友達とのコミュニケーションが少なく、学校を休みがち

早期治療の重要性!

子供の不安障害を放置し早期治療を施さなかった場合、様々な社会的問題を引き起こす恐れがあります。

    <予想される社会的問題>

  • 不登校や中途退学
  • 友人との不和による引きこもり
  • 低い自己評価、自信喪失
  • 飲酒や薬物への逃避、依存
  • 学校などの公共の場への不参加、不適合
  • 症状の長期化による大人になっても不安障害の継続

症状は3つに分類!子供の不安障害は7種類!

症状は3つに分類!

不安障害の症状は、主に以下の3つの種類に分類されます。

    <症状の3つの分類>

  • 心理的症状:「心配だ」、「不安だ」などの情緒面での極端な反応
  • 行動的症状:不安や恐怖の対象となる場所や状況を回避する実際の行動
  • 身体的症状:動悸、発汗・心拍数増加・呼吸困難・胃痛、吐き気などの身体反応

子供の不安障害は7種類!

子供の不安障害は、症状によって7つに分類されています。

    <子供の不安障害の分類>

  • 全般性不安障害:特徴的な症状がなく、多種類の精神症状および身体症状が現れる
  • 社会恐怖:特定の現況や物事に対し過度の不安症状が現れ、恐怖の対象の物事を回避するため著しく行動が制限される
  • 分離不安障害:一人での行動に過度の不安を感じ、親など親しい人と離れて一人でいることが非常に困難で、小学校低学年で多くみられる
  • パニック障害:原因不明な「動悸や眩暈」、「発汗」、「窒息感」、「吐き気」、「手足の震え」などの「パニック発作」を繰り返すパニック障害の徴候
  • 外傷後ストレス障害(PTSD):ストレスが非常に高まる事件や事象など「トラウマ(心的外傷)」が引き起こす、「フラッシュバック」、「回避行動」、「継続的な緊張」、「過感覚状態」
  • 強迫性障害:やめようとてしもやめられない「強迫症状」によって、何度も特定の行為を繰り返す
  • 特定の恐怖症:特定の状況や対象や場面に対して激しい恐怖からパニック発作を起こす症状(高所、閉所、暗闇など多数)

不安障害を甘く見ない!子供の治療は認知行動療法!

子供の不安障害の治療の目的は、「不安の解消」ではなく、「不安と上手に付き合い、日常生活に支障をきたさない」ことにあります。

不安障害を甘く見ない!

子供の不安障害は、自然治癒の可能性が低い上に、他の精神疾患を併発する可能性の高い疾患です。

子供に症状が現れていても周囲の大人が気付かないと、症状を悪化させてしまい、最悪の場合は自殺の恐れもあります。単なる気の持ちようだと軽く考えずに子供の不安障害に詳しい専門医を探し、適切な治療を受けさせることが重要です。

子供の治療は認知行動療法!

大人の不安障害の治療には、薬物療法と認知行動療法の併用が施されていますが、子供の不安障害に対する薬物療法で効果が証明されているのは強迫性障害のみのため、主として認知行動療法が用いられています。

認知行動療法の内容とは?保護者の参加が効果的!

認知行動療法は、子供が考え方や行動を改善し不安への取り組み方を習得していく治療方法です。子供の不安障害の場合、本人だけでなく両親の治療への参加が重要となります。

認知行動療法の内容とは?

子供の不安障害は、適切な認知行動療法やその他の治療、訓練をすれば治すことができる疾患です。

認知行動療法の中でも「問題解決技法」が、子供の不安障害の治療に有効であると認められています

    <子供への問題解決技法>

  • 1st:「問題同定」、本人が問題としていることは何かを問いかけ明確にしてあげる
  • 2nd:「解決策の提示」、問題に対して何ができるか、やれる事を全て示してあげる
  • 3rd:「施策効果の検討」、「それをしたらどうなるか」を一緒に考えてあげる
  • 4th:「解決施策の決定」、出来ることは何かを選ばせてあげる
  • 5th:「施策実行」、実施に行動するよう促す
  • 6th:「評価」、行動した結果、「どう思ったか」、「何か変わったか」など問いかけ、評価してあげる

保護者の参加が効果的!

保護者にとっても治療を通じて、専門家の指導や同じような不安障害の子供をもつ家族などと話し情報を得ることは、治療の効果を高め、子育てによる心の負担を軽減させてくれます。そのためには、常に子どもの状態に注意を払い、迅速に行動することが大切です。

不登校への対処は慎重に!保護者の必要な対応とは?

子供が不登校になった場合、不安障害を発症している場合が多く、まずは不安障害を疑ってみる必要があります。不安障害であった場合、学校に行くよう無理に叱ったりしても、逆効果で何の意味もありません。

子供に不安障害が疑われた場合、次のような対応が必要です。

    <不安障害が疑われたときの対応>

  • 子供の精神保健の専門家への相談(各市町村の福祉窓口など)
  • 症状が不安障害によるものか、その他の条件・状況に起因するのかの助言を受け、必要な場合には精神衛生の専門家を紹介してもらう
  • 不安障害のある子供の治療や訓練の実績があり、認知行動療法や行動療法、薬物療法を施せる精神衛生の専門家を探す
  • 子供の精神衛生の専門家などの情報源から正確な情報を得る
  • 治療や福祉サービスについて問い合わせる
  • 他の不安障害の子どもをもつ家族と交流をもつ、または、家族団体に参加する

まとめ

元々不安とは、人間が自分を守るために必要な感情ですので、不安を抱えて悩んでいる子供には、「不安を感じること自体は異常なことではない」と諭してあげましょう。ただし、過度の不安感により日常生活に支障がでるようなら、速やかに対応することが大切です。

また、不安障害を抱えた子供は、複数の不安障害またはうつ病などの精神疾患を併発している可能性が高いことを留意する必要があります。

大人と違い子供は、自分の心や体調を伝えることができないことを心にとめ、注意深く見守っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ