なぜうつ病で休職をするべきなのか?

休職うつ病がひどくなると会社に通勤するのもきつくなります。

そんな時は勇気を振り絞って休職をして、休養を取る必要がある場合があります。私も何度か休職していますが、休職後は元気に働くことが出来るようになりました。

休職をするのはとても勇気がいりますが回復のためにはいったんお休みすることも重要です。ここでは、休職について説明したいと思います。

休職を取る必要がある基準について

休職を取る必要がある人の基準と言うのはあるのでしょうか?

答えとしては「ない」と言うことになります。それぞれ個人の病状や仕事環境などを考慮して主治医の判断にゆだねることになります。また、休職と言うのは一旦その仕事を放棄することになるわけですから最終的には本人の判断が必要になってきます。

一度休職してしまうと会社での評価はガタ落ちになります。その人にはなかなか重要な仕事は任せてもらえなくもなります。しかし、現在ともに働ける状態でなくなっている人が無理して何とか出社している状態では結局いい仕事はできませんし、自ずと評価は落ちていきます。

それならば、いっそ休養を取って完全に回復してから仕事を頑張ってそのマイナスを補うように努力したり、または転職をすることだって可能になります。どうしようもない状態になったら、一旦職場を離れて休職という選択肢も考えてみる必要があります。

職はたくさんあるけど自分は1人しかいない

仕事は今の会社じゃないと出来ないわけではありません。もしその会社で休職したことで評価が下がり不当な扱いを受けているのなら転職をすればいいのです。会社は一つではありません。

ですが、あなたは1人しかいません。そのあなたが体を壊し仕事を二度とできない状態まで陥っては元も子もありません。しっかり休む必要があります。

回復してからまた仕事を一生懸命やればいいわけですし、体を壊してまで仕事を続けていてもつらいだけです。何のために仕事をしているのかをよく考えたうえで決断することも重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

4 Responses to “なぜうつ病で休職をするべきなのか?”

  1. 川地憂鶴 より:

    精神疾患はまず、なんとも言えない調子の悪さからきて、内科に受診して異常なしと言われますね。それから食欲がない寝れない 朝起きが辛くなります。その状態が2週間続くと病院 精神科に行くのがいいですね。仕事も思うようにできないと思います。休職して休むのがいいけど、ゆっくり休めないと思います。抑うつと不安焦燥と二つにわかれると思います。薬と家族の協力 休養が大切ですね。今だに精神疾患者は甘え 根性がないと思われています。薬は効くと思って服用しましょう。良くなったり悪くなったりして回復していきます。カウンセリングは傷みを伴います。過去を思い出してそれを乗り越えていく作業です。やはり薬と休養が大切だと思います。

    • Yuki より:

      >川地憂鶴 さん

      >やはり薬と休養が大切だと思います。
      特に休養はとても大事です。
      薬だけ飲んでても心と体の休養がないと
      結局治りません。
      まずは休養を取って、
      それから日常的にいろいろな方法を試してみるといいです。

  2. 川地憂鶴 より:

    こんにちは。最近は午前中 とりあえず外出 適当にして、午後から横になっていることが多いです。ただ、家事はやってます。掃除機かけることが多いかな?嫁さんに頼まれたことはやってます。これからは寒くなるので子供たちが体調崩したり、保育園から連絡あればすぐに行けるようにしています。育児は楽しいので。今の自分はこれくらいしかできません。

  3. 川地憂鶴 より:

    子供たちが体調崩したら、自分が看病したいです。宝ですから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ