知らないとうつが再発!うつで休職した時の周囲の正しい接し方は?

うつを発症して休職したらその患者の家族はどのように接したら良いのでしょうか?

ここでは休職した患者の過ごし方に関して、患者を受け入れる視点から気をつけなければいけないポイントなどを紹介したいと思います。

ゆっくり休ませてあげる環境を

患者は休職しなければいけないほど心身共に疲れた状態だということを認識することが大事です。

病気と分かっていてもつい元気のない状態の患者をみると、励ましたくなって「頑張れ」と声をかけたり、気分転換で散歩などに誘ってしまうことがあります。しかし、これは逆効果です。

患者本人にとっては休職していること自体が大きなストレスで、罪悪感を感じていることもあるでしょう。家族の方も患者本人のペースを大事にした過ごし方を心がける必要があります

このようにうつの患者には、やたら励まさず見守る。リラックスできるような過ごし方や環境を整備する。周囲からの不適切な言動に惑わされねいよう注意を払うということが大事です。

患者自身のうつが改善されつつある状態になると、今度は患者の仕事が気になりだし焦る気持ちが芽生えてきます。

しかし、完治しているわけではないので、患者の焦りを受け止めて優しくブレーキをかけてやることも必要です。何事も焦りは禁物です。

生活リズムを立て直す協力を

また、生活のリズムを立て直すように協力することも大事です。特に朝日を浴びたりすることは、脳内のセロトニンが活性化するので、自発的に早朝の散歩に出かけるような工夫ができると効果が上がります。

ですが、前述したように何かを誘ったりすることは禁物なので十分注意が必要です。

また大豆やビタミンBを献立に取り入れバランスの良い食事を食べさせることも効果があります。

他には患者の話を聞いて共感してやることも大事です。決してアドバイスしたり、原因を突き止めようとはしないで下さい。そのような行為がうつには一番よくありません。

うつの患者を抱える家族はうつの知識をしっかり持って、患者が心配せずに休養できる環境を整備してやることが大事です。そして、患者の言うことを楽観的に捉えることも大事ですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ