仕事のミスでうつに!うつ病が発症してしまうメカニズムは?

最近、ネットで話題になった記事で、ある社労士が迷惑な社員をうつ病で退職させる方法を紹介して大問題になりました。その中にはうつ病は自分のミスを認めさせることでうつ病に羅患させるという方法が記述されていました。

実際に仕事の中でうつ病を発症してしまう人の多くは、仕事中のミスを他人が思う以上に深く考えすぎてしまうという傾向があります。今回は仕事中にうつ病を発症してしまう人の特徴とうつ病になってしまうプロセスについてまとめてみました。

うつ病は誰でもなりうる

うつ病は以前は怠けだとか、気分の一時的な落ち込みであると言われることが多かったのです。しかし、現在ではそのプロセスが解明され脳機能の障害の一つ、つまり病気であると認識されています。

うつ病のプロセスは脳内の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの量が減ってしまい、脳内の情報がうまく伝わらず、気力が低下し体の倦怠感や不眠などの原因になっていきます。うつ病は誰でもがなる可能性のある病気のひとつなのです。

どんな人がうつ病になりやすいのか

うつ病になりやすい人には性格には、真面目・責任感が強い・周囲の状況に合わせるなどの特徴があります。日本人は比較的うつ病になりやすい民族といえるでしょう。

内向的な人がうつ病に罹りやすいと思われがちですが、外交的であっても感情の起伏が激しい人などもうつ病に罹りやすいです。うつ病の主な原因はこうした性格から引き起こされるストレスですので、ストレスをうまく発散できない人は要注意と思ったほうがいいでしょう。

仕事でうつを発症してしまうプロセス

現在、うつ病を患わっている人の多くは仕事でうつ病発症しているようです。特に多いのが新しい職場に入ってから発症するパターンが多いようです。

新しい環境に慣れるということは非常に難しい作業であり、ミスも重なります。ミスが重なってしまうと自分を責めるようになり、いつしかそれが大きなストレスとなって体の節々に悪影響を与えます。

新しい職場ですのですぐに休むわけにも行かず我慢をして就業しているうちに症状が悪化し、それまで普通に出来ていたことさえできなくなってしまいます。

最悪の場合、自己嫌悪のもと自殺を望むようになってしまいます。ここまでになってしまうと休職して長期の治療期間が必要になります。

仕事でのうつ病を防ぐには

仕事でのうつ病を防ぐためには、オンとオフの切り替えをきちんとわけなくてはいけません。まず仕事でミスしたことを家まで持ち込んでくよくよと悩まないことです。

さらに、なるべくそうした悩みは家族や友人など身近な人になるべく話して、自分の中にストレスを貯めこまないようにしましょう。もし、話す相手などがいない場合は、仕事とまったく関係のない趣味に没頭する時間を作るようにしましょう。

一番効果的なのは運動です。
汗を流すことはストレスを発散させるだけではなく、嫌なことを忘れさせてくれる時間を与えてくれます。

すこしでも別の事を考えることでストレスとなっている仕事上でのミスもだんだんと記憶として薄くなっていきます。また陽の光を浴びることも有効です。

陽の光はストレスなどで弱った神経回路を正常に整えてくれる作用があります。特に不眠症などに悩んでいる場合は陽の光を浴びて自律神経の回路を整えてあげる必要があります。

早め早めの受診を

うつ病になってしまうと、その治療のために平均で1年から2年必要だと言われています。仕事上で何かおかしいなと感じたら早めに心療内科を受診するようにしましょう。

心療内科のクリニックはあまりいいイメージを持たれていない人も多いのですが、現在はほとんどのクリニックが清潔で綺麗な病院であり、先生も親切に診察してくれます。

お薬に関しても、適切に処方されますので指示通りに飲めば大丈夫です。早めの治療であれば、休暇も短期間ですみますし、仕事に復帰しやすくなります。

近年ではストレスチェックが企業でも義務化されていますので、それらを利用して「自分がどれほどのストレスを抱えているのか」というのも客観的に把握しておいたほうがいいです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ