食事を疎かにするとうつ病になるってホント?

健康的な食事うつ病は珍しい病気ではなくなってきています。軽度のうつ病で薬を飲んでいる方や、暫く仕事から遠ざかっているという方がたいへん増えています。

さて、ここではうつ病と食事というテーマについて考えてみたいと思います。

食生活や食事内容がうつと関係あるということが栄養面から考えられています。確かに、ストレスなどもうつ病の要因になりますから、ストレス耐性に機能する栄養素や、脳科学の側面から考えると、生理学的に必要な栄養素の過不足ということも充分考えられます。

うつ病と脳の関係

うつ病が「こころの病気」とか「こころの風邪」とか言われますが、脳科学が進歩し、脳のメカニズムが少しずつ解明されている現在では、結局は脳の問題として扱われ始めました。

食事と脳の関係

脳の問題なので身体的問題であることから、人間が体に入れる食事とは深い関わりがあることは間違いないでしょう。

実際、うつ病の薬物は、脳の分泌物をコントロールして強い不安を取り除く役割があります。最近、うつ病に関連した脳分泌物のドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、ギャバなどの名前は、よく耳にしますね。

うつ病の診断の目安は、「眠れない」「食欲がない」「意欲がわかない」「今まで楽しかったことが楽しくな」「朝起きると憂鬱な気分になる」「夕方になると気分が楽になる」などがチェック項目として使われます。

食欲がない時は?

食欲がでないのがうつ病の特徴であれば、栄養価の高い食べ物を少しずつ食べることが重要になります。そうはいっても、食事から十分な栄養を補給するのには限度がありますから、栄養剤やサプリメントを使うことも良い方法です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ