食事もうつ病の原因?うつと栄養について

うつ病の原因として関係が深いのが、食事や睡眠といった生活習慣です。

うつ病という名称は広く知られるようになりましたが、その原因や発症の仕組みについてはまだ明確になっていないのが現状です。

それゆえ、さまざまな見方があり「うつ病」自体がいろいろな体の不調が重なって起こる症候群的なものではないかとも考えられています。

食事は健康を作る

私たち人間が健やかな体を作るのに食事や睡眠は欠かせないものです。どのような健康法でも食事や睡眠の見直し・改善がすすめられていると言っても過言ではありません。

そう考えてみると、いろいろな体の不調を伴ううつ病の原因として、食事と睡眠が関係しているというのも納得がいきます。

食事に関して言えば、ビタミンBの不足がうつに影響しているというリサーチもあります。特に、ビタミンB6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12の働きや不足について注目されています。

上記3つのビタミンはいずれも神経や脳機能を正常に保つのに関わっている栄養素だと考えられており、高齢者の減退に効果を発揮したという結果も報告されています。

食事は栄養のバランスよく、規則正しい時間に食べるのが基本ですが、ビタミンBが不足しがちだと思う方は、意識して摂取するよう献立を見直してみると良いかもしれません。

ちなみに、ビタミンB6とB9はホウレン草やアボガドや豆などに、ビタミンB12は魚や乳製品などに含まれています。

アミノ酸はセロトニンを作る

また、食事の栄養素でいえば、「アミノ酸」も重要だと言われています。アミノ酸のトリプトファンはセロトニンを作ります。セロトニンは神経伝達物質の一種です。

実は、この神経伝達物質が不足するなどして働きが鈍ると、感情のコントロールがしづらくなるなど、うつ状態を起こしやすくなるとされているのです。

いかがでしょう。思い返してみると、食事の献立や栄養バランスに気を使っていなかったという方も多いのではないでしょうか。

もちろん、食事を見直したからと言ってうつにならないというわけではないでしょうが、健康維持のためにもできることから見直してみてはどうでしょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ