食事のとり方に気を付けないとうつ病になる!

健康な食事食事で人間に必要な栄養素をすべて賄うのは大変ですが、なんでもサプリメントだけに頼るのではなく(もちろん足りない分はサプリメントで補うのは重要です)、なるべく食事から摂取するのが望ましいと思います。

よく「1日に30品目の食品を取ろう」と言われますが、なかなかそこまでバランスの良い食事をとるのは難しいかもしれませんが、少しでも多くの食品を取る努力は必要でしょう。

バランスを取るには?

バランスを取るという意味においては、単品料理(うどん、牛丼)などはなるべく避け、主食やお惣菜など複数の種類の食事をとることが重要です。

主食(米、パン)、野菜や果物、魚や肉、などバランスを重視しましょう。自宅で自炊ないしは作ってくれる人がいる方はなるべく種類を多く、一つのもので偏るのではなく、多くの種類を摂取することが重要です。

外食が中心の方は、単品物は避けましょう。特に丼物。牛丼、うどん、そば、など単品では取れる食品の種類が限られます。定食のものにするのがおすすめです。

定食系のメリットは?

定食系にするメリットは、ご飯(炭水化物)とメインのおかず(魚や肉:動物性タンパク質、脂質)にちょっとした小鉢で野菜(ビタミン類)を取れたり、お味噌汁で大豆などの植物性タンパク質を補うことが出来ます。

括弧書きを見ていただければわかると思いますが、定食にすると意外とバランスが良く、3大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質がすべてとれるようになっています。例えばこれが、うどんだけだと炭水化物だけになってしまいます。

このように食事に気を付けることにより万遍なく栄養を補充して、うつになる要素を極力減らす努力が必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ