家族がうつ病になったら病院の診察に付き添うべきか?

家族がうつになってしまった場合、専門医を受診する事になるでしょう。

その時に、付き添うべきかどうか悩んでしまう人も多いようです。専門医はその言葉が表す通り、治療におけるプロフェッショナルと呼べます。

しかし、いくらプロフェッショナルであっても、診察の僅かな時間で、患者の状態の全てを把握するのは不可能です。

付き添うことで医師に状況をうまく伝えられる

基本的にうつの患者は、他人に迷惑をかけてはいけないと考えている事がほとんどです。そのため、専門医が診察で「日常生活で問題はありませんか?」と質問すると「何も問題ありません」と答えてしまうのです。例え、日常生活で不安に思っている事があったとしてもです。

そんな時に、患者に代わって話す事ができるのは、日常生活を共にしている家族だけなのです。そのため、受診の際には出来るだけ家族が付き添うべきでしょう。

患者が上手く伝えられない事があれば、患者に代わって専門医に伝えてあげて下さい。そうやって伝えた内容が、治療の参考になるという事は、決して珍しくありません。

特に入院しているといった場合でなければ、うつの患者は自宅で過ごす時間が圧倒的に多いでしょう。その時間で、一体どのような生活を送っているのかという事は、専門医にとっても非常に重要な事なのです。

付き添うことのメリット

他人に迷惑をかけてはいけないという考えから、付き添いを患者自身が断る事もあるでしょう。家族は他人ではないと思う人もいるでしょうが、身近な存在だからこそ余計に迷惑をかけたくないと感じるものです。そんな時でも出来る限り、受診には付き添うようにしましょう。

また、付き添う事によって薬が処方されているかどうかも、把握できます。うつの患者の中には薬が処方されているにも関わらず、服用しない人もいます。そんな時に、家族が付き添って受診していれば、服用していない事を指摘できるはずです。

そもそも薬が処方されているかどうかすらわからない状態では、指摘する事はおろか、服用していない事態にすら気が付かないでしょう。そうならないためにも、診察には付き添う事をオススメします。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ