家族の人がうつ病の時の接し方で忘れてはいけない3つのポイント

うつの人との接し方がわからないという人も多いでしょう。

しかし、家族に患者がいる場合、うつの人との接し方がわからないと言っていられません。

ポイント1:「うつ」という病気を理解して

まずは、うつという病気を理解する事から、初めて行きましょう。その為にも、受診には出来るだけ付き添うようにし、一緒に主治医の話を聞くようにしましょう。

病気を理解しようとするあまり、中にはついつい原因を探し初めてしまう人もいます。特に家族の場合、自分達に問題があったから発症してしまったのでは?と考えがちです。

原因が気になる気持ちもわかりますが、うつの原因を解明するのはとても難しいことなのです。だからこそ、原因を解明しようとするよりも、今この時間を大切にするようにしましょう

ポイント2:励ますとかえって悪化

また、うつの人との接し方でよく言われている、励まさないという事も大切です。励まされる事によって、症状を悪化させてしまう患者は少なくありません。

しかし、励ましが効果的な時期もあるとされています。励ましが効果的な時期かどうかは、主治医の判断を仰ぎましょう。

さらに、出来るだけ決断を先延ばしにするという事も、うつの人との接し方で大切な事です。例えば、仕事を休職している場合は、退職するかどうかといった決断は先延ばしにしましょう。

離婚するのかしないのか、といった問題も同じように先延ばしにすべきです。何故なら、うつ状態では悲観的な発想しか頭に浮かばないからです。

体調が良くなったら、ゆっくり考えようといった言葉で、先延ばしにしてあげて下さい。

ポイント3:エネルギーを使わせない

そして、日常生活にはない特別な行動を起こさせないようにしましょう。家族で旅行に出かけたら、気分転換になって少しは良くなるのでは?と考える人もいます。

しかし、うつのような心のエネルギーが不足している状態での旅行は、気分転換どころかただただ疲れてしまうだけです。

その結果、症状が悪化するケースもあるので、患者本人から旅行に出かけたいという言葉が出てくるまでは、特別な行動はしないようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ