冬に注意!「寒さ」と「うつ病」の関係とその対策

冬季うつ病現代人なら誰もがかかる可能性があるといわれているうつ病。しかし、その原因はストレスだけだと思っていたりと、知らないこともとても多い病気です。

実はうつ病は寒さととても関係があるのをご存知ですか?

寒い冬はうまく睡眠が取れなかったり、寒さから熟睡できなかったり、朝が起きづらいため、一日のペースが乱れてしまったりすることが続きます。寒さで低下してしまっている身体能力は、風邪やインフルエンザなどと戦って疲れ切っています。

寒い冬はストレスが溜まりやすい

身体だけでなく、12月から3月までは年末年始の行事や、学生も社会人も進路の変化などのある時期でもあり、心も穏やかではいられない時期です。

このようなことが重なる寒い冬は温かい季節に比べると、ストレスが溜まりやすいにも関わらず曇や雪などで太陽光も少ないので、うつ病の人はさらにですし、そうでない人でさえ気分がすぐれないことが多いのです。ですから、寒い時には誰でも体調が良くないことが多いのだという前提で、ではどのようにその寒さを乗り越えるかを考えることが大切ではないです。

寒さ対策は?

まずは寒さ対策をしっかりと行いましょう。寒いまま我慢していても何も良いことはありません。しかし、暖房だけに頼るのではまた体調を壊す原因にもなりかねません。

アンダーウエアーを機能性のあるものにしたり、足元や首とつく箇所を冷やさないとか、湯たんぽを活用するとか、身体に無理をかけずに冷やさない工夫をしましょう。また、寒いからと室内だけで過ごすのは、ストレスをためることにもなります。運動とまではいかなくても、外の空気を吸うために、太陽光に当たるために、外に出ることも大切です。

睡眠時の注意点

次に睡眠時は重要です。寒さで睡眠が十分でないと、うつ病の要因にもなります。心地良い眠りにつけるように寝具やパジャマ、暖房寝具などの選択にも気を使いましょう。

このようにうつ病は仕事上のストレスだけでかかるのではありません。寒さなどという冬には当たり前のことであっても、それに対する対処法が違っていてはそれだけでストレスがたまり、立派なうつ病の原因になるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ