寒いとなぜ「うつ病」になりやすいのか?冬季うつ病について

DcwFraH1kl日本の都道府県の中で一番平均寿命が長いのは沖縄県。

温かいと心身ともにのんびりと心地が良く、寒いとついつい縮こまってしまうことからも、温かい方が元気でいられそうなことは、誰でも理解できることですね。

では、寒い地方に住んでいると、本当に健康上あまり良くないのでしょうか?

冬季うつってあるの?

今や社会問題となりつつあるうつ病も、寒いとなりやすいと言われています。ここでは、それが真実かどうかどうかを検証したいと思います。

うつ病とは気分の落ち込みが一番の特徴の病ですが、「冬季うつ病」という、冬になると発症し、春になると症状が回復するといううつ病が存在するのです。

冬季うつ病の発生原因は?

では、その発症原因はというと一瞬、冬という寒い季節になるのだから、気温の低さと何らかの関係があるのではないかと思いませんか。

しかし、実は原因は気温低さではなく、冬の間の太陽の日照時間が短いことにあるようです。

これを証明するかのように、冬季の日照時間がとても短いフィンランドやスウェーデンなどの北欧地域では、冬季うつ病の発症率は人口の約10%以上だという報告があります。

また、初めからずっと住んでいた人よりも、それ意外の場所から引っ越して来た人の方が発症率が高いそうです。長く住んでいると、免疫のようなものができてくるのでしょうか。

冬季うつ病の原因は現在も全てが解明されてはいませんが、「日光とセロトニンの関係に問題が潜んでいる」と言われています。

冬季うつ病の特徴は?

冬季うつ病の特徴は、冬季限定、日が短くなる秋から冬にかけて発症し春に向かうと回復傾向が見られる、日射量不足が主な原因で気分や活動が低迷してしまうなどがあげられます。また、その他の症状は一般的なうつ病と変わらず、気分の落ち込みや倦怠感、食欲低下、不安感などもあります。

誰しも冬は寂しくやる気がなくなるのが冬。ついついそのままにしてしまいがちですが、努めて日光のあたる場所に出ていくとか、体を動かすなどのちょっとした体使いによって、随分解消されることもまた真実です

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ