「飲酒」と「猫背」でうつ病になる原因ってホント?

飲酒うつ病になる原因で「飲酒」や「姿勢の悪さ」といった日々の習慣が影響しているのではないかというものもあります。

お酒が好きな方は多いです。確かに飲酒は適度に楽しむ程度であれば問題ないでしょう。問題なのは、長期にわたる過度の飲酒です。

このようなお酒の飲み方はアルコール依存症などを引き起こすというのは周知の事実でしょう。さらに過度の飲酒は、脳の萎縮が起こることがあります。

脳の委縮がうつを引き起こす

脳の萎縮が脳の働きを妨げ、感情のコントロールができなくなるなど、うつ状態を引きおこす原因になると考えられているのです。ちなみに、飲酒とうつの関係について言えば、断酒によって抑うつや焦燥感といった症状がでることもあります。

ただ、お酒の飲み過ぎがうつを引き起こす要因に、それとも、ストレスを感じてうつ状態になることでお酒の量が増え、結果的にうつ病となってしまうのかなど、そのきっかけについてはさまざまな考え方があります。いずれにせよ、お酒は適度に楽しみたいものですね。

姿勢の悪さが脳の機能を低下させる

うつ病につながるとされる要因は数多く挙げることができますが、言われているものの中には「姿勢の悪さ」というのもあります。姿勢の悪さ、つまり猫背などのことですね。

私たち人間の体は、脳からの信号によって動かすことができます。首の部分には、神経や脊椎など重要な器官があります。姿勢が悪くなると、この信号の伝達が鈍ったり血液や脳脊髄液の循環が悪くなったりするため、脳の機能が低下しうつに繋がるとされているのです。

他にも心身のストレスや食生活、脳機能の低下(委縮)、薬物、環境など、うつ病の原因として挙げられるものは数多くあります。また、何か1つ原因が当て余ったからと言って必ずしもうつになるわけでもありません。まだまだうつ病の原因については解明されていないことも多いのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ