うつ病で受給した傷病手当金は再発した場合ももらえるのか?

心の病を始めとした要因により会社を休職したとき、その間は傷病手当金を受給するという方は多いのではないでしょうか。生活する上で仕事はしたいですし、しなければなりません。

ですが身体に棘の鞭を打ってまでは、おすすめ出来ません。それには自身でも気付き、休職といった形で休養をとりますね。そして必要なのは、やはり金銭的な面もあるでしょう。

再発した時は?

では、静養後に復職して、もし再発してしまった場合の傷病手当金はどうなるのでしょうか。本来、傷病手当金というものは、被保険者が働けなくなった日から三日後より、実際に休養する期間に健康保険から宛がわれるものです。

同一の病を再発した際の傷病手当金は、復職した後に再発したのであれば、最初の傷病手当金の起算日から一年半を超えては支給されないという制約があります。ですが、条件に当てはまることがありますので、しっかりと保険者に確認することが好ましいです。また、しっかりと疾病が治癒し、さらには「一定期間の就業」が確認されれば、社会通念上治癒とみなされます。

一度完治していれば

この時点で、その症状は完治。つまり終わったとみなされるわけです。そのため、もしも再発した際は、別の傷病とみなされます。当然ながら支給された期間もリセットされることになりますね。制約も特になく、身体を第一に考えたお休みの期間を作ることが出来ます。

ですが、ここで注意点があります。この「一定期間の就業」というのは、実のところ明確に定められていません。つまり何ヶ月なのか、もしくは一年なのかなどという目安すらないのです。これに関しては、法律でも決められていませんので、保険者である健康保険組合が個別に判断することとなっています。

なぜ個別に判断?

理由としては、傷病手当金の悪用を防ぐといったものが考えられるようです。「一定期間の就業」が定められてしまうと、無理をしてでもそれを経過すれば長期間に渡って支給を得ることが出来てしまうのです。仕方のないことかもしれませんが、その辺りは何か別の方法で対処していただきたいものですね。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ