傷病手当金を上手に利用してうつの再発を防ごう!

うつはストレスや疲労が溜まって許容範囲を超えると発症する病気で、今では多くの人が発症する現代病です。

一度うつを発症したら休職してゆっくりと休養を取ることが大事ですが、経済的な理由により完治しないまま復職してしまうため、うつを再発するケースが多く見られます

傷病手当金を利用しよう!

この場合もしうつになった患者が社会保険に加入している会社の従業員の場合、傷病手当金という制度を利用することが出来ます。

傷病手当金とは病気や怪我が原因で会社を休職した場合に、健康保険組合から給与の約3分の2の金額がもらえる給付金です。

期間は傷病手当金が支給された日から最長1年6ヶ月となっています。この制度を利用すれば休職中も経済的な心配をせずにゆっくり治療に専念出来ます。

しかし傷病手当金をもらいながら治療に専念して一度は復職するも、またストレスが溜まりうつを再発し再び休職する場合もあります。この場合、再び傷病手当金の制度を利用できるのでしょうか?

傷病手当金は2回以上もらえるの?

規定では前述したように、受給期間は最長1年6ヶ月で、この期間内であればうつが完治せず復職したにも関わらず再発してしまい再休職しても支給されます。

逆に1年6ヶ月の満期の支給を受け、まだ完治せず休職するほどの治療が必要な場合は支給されません。

しかし、1年6ヶ月の限度期間の支給を受けた後に1度復職し、1年以上薬を飲んだり、通院せず何ら問題なく仕事をしていたにも関わらず、うつを再発した場合には過去のうつ病は現在のうつ病とは違う疾病と認識され再び傷病手当金の制度を利用することができます。

もし、1年6ヶ月を越えてもうつが完治せず、傷病手当金を受けられなくなった場合でも、退職をすれば失業保険の受給や、障害年金の支給するといった社会保障制度を利用することも可能です。

うつを改善するには精神的な安定が必要です。しかし日々の生活費を心配しながら精神的な安定を求めることにはかなり無理があると言えます。この傷病手当金や社会保障制度を利用して経済的な不安を取り除きゆっくりと治療に専念することが大事です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ