「新型うつ病」と「さぼり」とは何が違うのか?

団塊世代や体育会系で育った方からすると、新型うつはさぼりに見えてしまいがちです。実際にこうした人達が上司の場合、患者はさぼっていると思われる事が多いようです。

しかし、新型うつは心の病気であり、決してさぼりではありません

「さぼり」と決めつけないで!

まずは、患者を理解するように心がける事が大切です。また、患者をさぼりであると決め付ける事は、非常に危険な行為でもあります。何故なら新型うつは自分自身ではなく、他人や環境を責める傾向にあるからです。

つまり、さぼりと決め付ける事によって、上司や会社そのものに苛立ちの矛先を向けかねないのです。実際に苛立ちの矛先を向けた結果、訴訟に発展するケースもあるほどです。

さらに、自分自身をあまり責める事はないと言われていても、さぼりと決め付けられる事で自傷行為に及ぶケースもあります。自傷行為が始まると、最終的には自殺にも繋がる可能性があり大変危険です。

これらは病気を理解してもらえずに、退職に追い込まれた結果見られるケースです。一概に全ての患者がそうなるとは言えませんが、理解がないという事がどれだけ恐ろしい事かがわかるはずです。

出来ることは認めてあげる

新型うつの患者は周囲の人間の言葉にとても敏感です。しかも受け取った言葉を被害的に受け取りやすく、攻撃的になりがちです。そのため、いくら上司であっても命令口調で話しかける事は、控えた方が良いでしょう。

だからといって、優しい言葉をかけ続けるというのも良いとは言えません。確かにうつ症状がひどい時に、無理をさせるのはいけませんので、優しい言葉で接するのは良い事です。

しかしうつ症状が落ち着いてきたのであれば、優しい言葉より励ましの言葉をかけるようにしましょう。優しい言葉をかけ続けてしまうと、そこから一歩踏み出す事をやめてしまう可能性があるからです。

そこで、出来る事はやってもらい、それが無事に出来ればしっかりと評価するといった対応が求められます。こうして少しずつ成功体験を積み重ねていけば、それが自信となって、新型うつの克服にも繋がるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ