流産からうつに!オードリーヘップバーンがうつから立ち直るまで

くっきりとした目鼻立ちに意志の強そうな太眉。映画界のみならずその独自のスタイルでファッション界にも影響を与えたオードリー・ヘップバーンは、今もなお世界中から愛され続けている女優のひとりです。

しかし、彼女の人生は戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。今回は「うつ」に焦点を当て、彼女がどのようにして自己の内面に向き合い立ち直っていったのか、時代背景やキャリアを踏まえながらご紹介します。

アカデミー賞女優からユニセフ親善大使まで

オードリー・ヘップバーンは1929年5月4日ベルギーに生まれました。第二次世界大戦の中で幼少期を過ごし、当時は食べる物が少なく苦労したといいます。

5歳頃からバレエを習い始め、19歳の時ロンドンのウエスト・エンドで舞台に立ちます。22歳でブロードウェイ舞台作品の『ジジ』で主役を演じ、その後『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を受賞、『麗しのサブリナ』『ティファニーで朝食を』など数々の作品に出演し女優としての地位を築きます。

晩年は、ほとんどをユニセフでの活動に捧げ、その内容が高く評価されたことから大統領自由勲章を授与されました。さらに死後、グラミー賞とエミー賞を受賞し、現在も女優として、ファッションアイコンとして世界で愛され続けています。

度重なる流産

25歳の時、ヘップバーンはアメリカ人俳優メル・ファーラ―と結婚、後に彼との結婚生活の間で数回の流産を経験します。この流産が、彼女のうつの原因になります。

というのも、その流産のうちの一回が映画撮影中の落馬事故によるものだったからです。もともと子ども好きで自身の出産を強く望んでいた彼女にとってこの事故による流産は心に深い傷を負わせるものとなりました。

ショックにより体重は減少の一途、さらに喫煙量も増え精神的に不安定な状態が続きます。

長男の誕生、そしてユニセフ活動

1960年、長男であるショーンが誕生します。この出産を機に、ヘップバーンは元気を取り戻すようになったといいます。ヘップバーンはショーンの妊娠が発覚したことが分かった時から一年間、女優の活動を休業して万全の体勢で出産に備えました。

過去のショックを嘆き続けるのではなく、再び惨事が起こらないようその原因となり得るものを取り除くという理性的な判断が、結果的に彼女を立ち直らせるきっかけに繋がりました。

長男の誕生後、離婚、再婚をしたヘップバーンでしたが、ファーラーとの離婚前にも、二度目の結婚をして次男をもうけた後にも再び流産を経験しています。

ヘップバーンの子どもに対する思いは、形を変え晩年のユニセフ活動に色濃く表れます。ユニセフでの活動は、彼女自身が戦時中にユニセフにお世話になったということもあり、恩返しとしての意味もありました。

アフリカ、南米、アジアの恵まれない子どもたちの人道支援を精力的に行い、後に大統領自由勲章を授与されます。彼女の行動に一貫しているのは、自分に置かれた状況で出来る最適の選択をしていることです。

辛い流産という経験も、悲しむだけに終わらず、むしろその経験を生かしていくという発想の転換こそが彼女自身を救い、世界の子どもたちを救うことにもなりました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ