両親のおかげで治った鬱病体験談 女性 看護師 25歳 E.Y.さん

鬱を感じたのは二つ目の職場に入ってから1年もしない内でした。私は職場で謂れのない嫌がらせを受けていまして、これをずっと我慢してきました。仕事を辞めたいと何度か思いましたが、どうしてもやめれませんでした。

理由はその人たちに負けてしまうようで悔しかったからです。しかしそのせいで鬱になりました。

鬱で大変な思いをしたのは睡眠障害!

私は鬱のせいで不眠症に悩まされていました。寝ようとしてもすぐに職場であった嫌な出来事がフラッシュバックしてしまって辛くて眠れなかったです。

これが何日も続いて、眠れないことに苦しんでいるのを心配した親が病院に連れて行ってくれ、睡眠薬を処方してもらいました。これで一時は睡眠障害が治まったのです。

しかし睡眠薬というのはどんどん慣れて行くと効かなくなっていきます。私はこれに悩まされて通常よりも薬を飲み過ぎて救急車で運ばれたことがあります

目を覚ますと病院で母が真っ青な顔でぽろぽろ泣いていて、胸が痛かったです。親や周囲の人にたくさん迷惑をかけているのが何より辛かったです。親不孝者だなと思いながらも、涙すら出ないことが辛かったです。

回復したのは両親のおかげ

家族に負担をかけていたのは本当に辛かったのですが、やはり私を助けてくれたのも両親でした。休職中は昼には必ず母が帰って来てご飯を作ってくれました。父は一生懸命私のために鬱の解消方法を勉強してくれて、力になってくれました。「負担になっているんではないか」と聞いたときに「家族だから当たり前」と言ってくれた母の言葉は私の胸に響きました。

本当にありがたくて、二人の子で良かったなと思いました。このように私を大事にしてくれる人がいるということに自分の生きる意味を見出して、私の鬱は少しずつ良くなりました。睡眠障害も大分よくなって、睡眠薬を飲まなくても眠れるようになりました。

本当に親には返せないくらいの恩を感じています。今、もう一度働けるようになったのも両親のおかげです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ