気分変調症の治療法で心理療法は?カウンセラーと会話が治療に有効!

気分変調症の治療法には、投薬治療はもちろんありますがカウンセラーによる心理療法も有効なのをご存知ですか。

カウンセラーは、患者と会話をする中で感情のコントロールをしやすくなるようにさりげなく導いてくれます。

また、回復段階によりグループでの会話も有益なのでその機会を提供して行く機会もあります。

薬の他に治療法はあるの?心理療法は有効!

気分変調症の治療は、投薬治療だけではなく心理療法も合わせて行なわれています。

心療内科や精神科では、心理カウンセラーが患者と会話をすることで、患者自身が自分の考え、ありのままの気持ちを自由に伝えられる機会を作ります。もちろん、投薬治療も重要な柱ですが、カウンセラーとの会話を行うのもとても有効な治療法とされています。

自己表現を出来るようになれば、感情のコントロールもしやすくなります。精神的な疾患への薬は、精通している医師であれば慎重に投与も出来ますが、一括りに抗うつ薬を処方することで返って副作用に悩まされてしまうことも少なくありません。

その点、心理療法であればカウンセラーとの信頼関係が深くなるに連れ、さらに治療効果が期待出来ます。

心理療法のやり方は?会話でさりげなく行うもの!

具体的には、自分に対して常に否定的な考えを出来るだけ持たないように矯正する考え方を学んでいきます。

そのために、患者の思考を極端に変えるようにするのではなく、徐々にカウンセラーの質問や対話によって、気持ちの軌道修正が自ら出来るように提案をしてくれます。威圧的に考え方を変えさせるというのは、患者にとればさらに自己否定やうつ状態の悪化を招いてしまうので、専門家ならではの治療は普通の会話の中で行われるのでとても自然です。

始めは、心を閉ざしていて目に見える変化を体感出来ないのも当然ですが、根気強く寄り添うカウンセラーですので、焦ることなく継続して受けるのが望ましいでしょう。

症状や悪化させている原因に注目をして、上手に自分の感情を見つめることができるように、導いてくれるのがカウンセラーなので患者に取っては心の拠り所としての存在は大きくなります。

対話は1対1?グループでの対話も有益!

また、カウンセラーとの対話だけではなくグループでの対話を活用するのも有益ですので、自分の気持ちを同じように悩んでいる患者へ伝えられる機会を随時作ってくれます。

1対1のままでは限られたシーンだけしか自分の感情をコントロール出来なくなりますが、複数で会話が出来ることで相手の意図を感じたり、自分の主張をうまく伝えたりするための思考が養われていくようになることで、治療にも大きく反映されます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ