気分変調症とうつ病の違いは?わかりやすく比べてみた!

従来から、気分変調症とうつ病の症状は似ていると言われます。医療機関でも診断が難しいという事実があり、様子を見た後に病名が変わるケースもあります。

今回は、気分変調症とうつ病の違いにスポットを当て、簡単に相違点をまとめました。どちらの病気も、本人にとって辛い症状であることは確かです。

知識として、2つの病気の違いをこの機会に覚えておきましょう。

そもそも気分変調症とは?概要をみてみよう!

まずは気分変調症について簡単に説明しましょう。かつては「抑うつ神経症」などと呼ばれていました。

現在は、「気分変調症」の他に「気分変調性障害」、「持続性抑うつ障害」やなどと呼ばれます。

「新型うつ」に属するという説明も見られますが、「新型うつ」は正式な医療用語ではありません。

一般的な症状は?

気分が落ち込んだ状態が2年以上続き、不眠や睡眠過多、食欲の不振や過多、気力野低下などがあります。性格だと思い込み、受診が遅れるケースが多く見られます。

気分変調症の原因は?

気分変調症の原因は特定されていません。遺伝性が多少ありますが、もともとの気質に環境がプラスされて発症すると考えられています。

気分変調症の治療法は?

まずは抗うつ剤や抗不安薬などの薬物療法で様子を見ます。効果がない場合は、他の薬に変えて様子を見るか、甲状腺などの病気がないか診察してもらうことも必要です。

症状に合わせて、対人関係療法や認知療法などの心理療法も行います。

症状が似ているうつ病とは?この機会に覚えておこう!

現在は、「メランコリー型」「非定型」などとうつ病の分類が複雑になりましたが、ここでは一般的に「うつ病」と呼ばれる症状について説明します。

一般的な症状は?

意欲の低下や倦怠感、頭痛、めまい、不眠などの他、体が重く感じて起床ができないことが多くあります。症状が重くなると自殺を考えるケースもあります。

うつ病の原因とは?

取り巻く環境や度重なるストレスにより、脳内のセロトニンやノルアドレナリンが不足することが分かっています。もともとの性格や病気が関わって発症する場合もあります。

うつ病の治療法は?

抗うつ剤や抗不安薬などが処方されます。薬はすぐに効果が出ないため、数週間様子を見ます。休養を取って精神を休ませることも大切です。

状況によっては、認知療法などの心理療法も平行します。

気分変調症とうつ病の違い!具体的な症状は?

どちらの病気も大変辛いものですが、一般的に言われる症状の違いをまとめました。

  • 症状の重さ
  • 気分変調症の方が軽い症状で、長引く点に違いがあります。うつ病は社会生活を送れないほど重篤になることが多い病気です。

  • 症状の波
  • 気分変調症は1日の後半に悪化する傾向があります。うつ病は朝に調子が悪く、夕方になるとだんだんと回復する特徴があります。

  • 考え方や活動
  • 気分変調症は原因を他人のせいにする、人によく思われたい、という主観的な傾向があります。好きなことは積極的にできるケースもあります。

    うつ病は自分を責める特徴があり、体調が悪い時は好きなことにも取り組めない点に違いがあります。

気分変調症とうつ病の違い!脳の状態は?

PETという検査で脳の状態を見ると、うつ病は前頭葉の血流の量が低下しています。気分変調症は脳の変化がありません。

ドーパミンなどの脳内物質や、睡眠時の脳波に関しては双方に大きな違いはありません。

気分変調症とうつ病の違い!副腎の働きは?

うつ病の場合は、脳下垂体から分泌されるACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が減少します。

うつ病の患者はACTHの分泌が減って副腎皮質ホルモンのコルチゾール濃度が増え、ホルモンバランスを調節するフィードバック機能が弱まることがわかっています。

気分変調症ではこのような違いは見られません。

気分変調症とうつ病の違い!併発しやすい病気は?

それぞれの病気を患いながら、他の病気を併発することがあります。主なものを見てみましょう。

気分変調症の場合

気分変調症を患う間に、うつ病を発症する「二重うつ病」という病気になることがあります。また、パニック障害やアルコール依存症、甲状腺機能低下症も多く併発します。

うつ病の場合

うつ病と併発しやすい病気は、パニック障害などの不安障害、境界性パーソナリティ障害、摂食障害などがあります。

気分変調症とうつ病の違い!症状の経過は?

どちらも良くなったり悪くなったりしながら改善しますが、うつ病の場合は早い回復を願い、社会復帰をしたがる人が多いのが特徴です。

気分変調症の患者は社会に不満を持つことが多いため、社会生活になかなか馴染めず、復帰に時間がかかる傾向に違いが見られます。

まとめ

気分変調症とうつ病の違いを簡単に紹介しました。脳の状態や副腎の働きなど、大きな違いはお分かりいただけたでしょうか。

ただし、これらはあくまでも一般的な内容なので、必ずしもこの通りとは限りません。気になる症状がある場合は、信頼できる医療機関で相談しましょう。

正しい治療を行って、少しずつ改善に向かうことを祈っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ