気分変調症の治療には病院での治療と食事で?セロトニンを増やそう!

気分変調症の治療には病院での治療が必要不可欠です。また、早めの治療をする事でうつ病の併発を防ぐ事も大事なポイントになります。

治療の基本は、専門医療機関で専門医の下正しい判断のうえ精神療法や薬物療法が行なわれます。プラスで、自分でも何か出来る事は有るのではないかと考える事もありますよね?

実は、あるのです。それも、とても簡単に毎日の食事でセロトニンを増やす事なのです。食欲がない時もありますよね?そんな時には無理をしないで出来る時でも大丈夫。今回は、治療の為の食事について調べました。

気分変調症とはどんな病気?憂鬱な気分が長く続く!

気分変調症とは、鬱の状態が1日中続く事がありその状態が2年以上続く慢性の病気になります。症状がうつ病よりも軽いので、病気と気づく事が少ないので治療が遅れるケースが多いです。

気分変調症という病名は、別名気分変調性障害とも呼べれています。これは、WHOでの分類の呼び方とアメリカの精神医学会の分類での呼び方の違いになります。

その症状はどんなもの?

気分変調症の症状は、うつ病の症状とよく似ているのですが軽い症状のために本人は自分の性格のせいと勘違いしやすです。よく見られる症状を下記に挙げました。

    <気分変調症でよく見られる症状とは>

  • 食欲不振や過食
  • 睡眠障害
  • 何もする気がなくなる
  • 不安感
  • 集中して考えられない

その原因は何なのか?

気分変調症の原因は人により様々ですが、症状があきらかでない状態で気が付かない間に病気が進行してしまいます。男性よりも女性に多く発症します。社会や職場、家庭などのストレスで起きる事や精神的な事から起こる事もあります。

うつ病とはどんな病気なの?何をしても楽しくない!

うつ病は眠れない、食欲がないとか1日中落ち込んだ気分が続く。何をしても楽しめない、楽しくない等の状態が続いている状態の事を言います。

ストレスや色々な事が原因になり、脳の機能に障害が出て起きている状態にあります。脳の機能に不調があるので、見方が否定的になり自分を否定する事もよく見られます。早めの治療が効果が高いので、気がついた時には専門医への受診をお勧めします。

その症状はどんなもの?

憂鬱になったり、気持が重いなどの抑うつな状態が1日あり長い間その状態が続くというのは代表的な症状ですが他にも色々な症状があるので診断基準を基に診断されます。

気分変調症の治療薬とは?うつ病と同じ抗うつ剤!

気分変調症は、社会に対する不満やストレス等が原因になっている事が多く見られます。その為、治療は専門医師による精神療法を中心に行なわれます。

治療では、患者さんが心を開いて精神環境を良くする為に薬を処方する事で精神療法がスムーズに行なわれるようにします。その時に使われる薬は、うつ病にも使われる選択的セロトニン再取り込み防止のある抗うつ剤等の効果が高い結果が出ています。

セロトニン再取り込み防止?

この症状は、セロトニン等の神経伝達物質が減少する事で神経の伝達に不調が生じて起きます。そこで、薬によりセロトニン再取り込みを防止する事で伝達の調整をはかります。

セロトニンとは何なの?脳内では神経伝達物質です!

セロトニンとは「5-水酸化トリプタミン」といい、アミン系の種類の化合物です。「幸せホルモン」と言われていますが、人の身体の中で色々な働きをしています。トリプトファンというアミノ酸を原料に作られます。

脳内の中では、神経伝達物質の働きをします。セロトニンは、100種類以上ある神経伝達物質の1つになります。脳内の割合は少ないのですが、脳に与える影響はとても大きいのです。

トリプトファンとは?

トリプトファンとは、自分の身体で作れるものではないのです。でも、食事から摂取する事が出来ます。トリプトファンは、腸から吸収され脳に運ばれ神経終末に行きセロトニンに変わります。

気分変調症の治療が食事?セロトニンを増やす食品!

気分変調症の治療は、専門医の下精神治療を中心に行なわれます。その治療を手助けするのに使われる抗うつ剤の働きにはセロトニンの再取り込みを防ぐ働きがありますが薬にはセロトニンを増やす働きはないのです。

病院での治療のサポートとして、自分で出来る事は食事でもあります。それは、セロトニンを増やす食事を摂取する事になります。これにはまず、トリプトファンです。そして、セロトニン合成の為のビタミンB6も役に立ちます。

ビタミンB6の食品?

ビタミンB6等の栄養素は、セロトニンやノルアドレナリン等の神経伝達物質を合成させる時に必要なものです。魚やにんにく、バナナ、生姜や豆類に含まれています。

トリプトファン多い食品?

脳に運ばれるセロトニンを作り出す働きがあるので、セロトニンを増やす為にはトリプトファンの含まれている食品を摂取する事になります。

    <トリプトファンが多い食品とは>

  • 牛乳・チーズ・ヨーグルト
  • 豆腐・納豆・醤油・みそ
  • 鰹・鮪魚類
  • アーモンド等ナッツ類
  • バナナ・小麦胚芽・卵

バランスの良い食事!

トリプトファンは多く摂取すればよいという物ではなく、摂りすぎても問題があります。以前うつ病の治療としてトリプトファンの人工大量摂取が行なわれた時期がありました。高い効果がありましたが、過剰摂取による副作用も出たのです。何でも「適度」がよいのです。

まとめ

気分変調症の治療として自分でも出来る事を調べる為に治療法とは、治療薬の効果等そして食事でも治療の手助けが出来る事を調べました。

気分変調症とは、鬱の状態が1日中続く事がありその状態が2年以上続く慢性の病気になります。症状がうつ病よりも軽いので、病気と気づく事が少ないので治療が遅れるケースが多いです。

気分変調症の治療は専門医師による精神療法を中心に行ないます。その時にうつ病にも使われる選択的セロトニン再取り込み防止のある薬が高い効果が出てます。

自分で出来る事は、セロトニンを増やす食事を摂取する事です。それは、トリプトファンです。そして、セロトニン合成の為のビタミンB6も効果的です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ