気分変調症の接し方は?本人と周囲の方、それぞれ出来ること!

気分変調症になったら、本人だけではなく家族など周囲の方はどんな接し方をすれば良いのでしょうか。

本人は出来るだけ病気を理解して受容をするのが治療にもとても役立ちます。

また、周囲の方は共感をして良い所を評価したり医療機関とのつながりを持ったりと出来ることは色々ありますので、寄り添って行けるようにしましょう。

気分変調症になったら?本人は受容するのが大事!

気分変調症と診断されたら、まずは病気を正しく理解することがとても大切です。心の病となれば受容したくないと感じることもあるでしょう。しかし、性格だと誤解を招いたままで過ごせばさらに症状に悩まされ続けるだけですので、まずは、自らも気分変調症と言う病気を理解して行きましょう。

ただし、理解をして受容をするのにも決して一人で行うわけではありません。相談者となれる人がいればさらけ出してみるのも必要です。しかし、このような症状がある時、たやすく見つけられないのも当然です。

そのような時にこそ頼れるのが心理カウンセラーです。患者からのありのままの声を受け止め、引き出すことができるスペシャリストですので、思い切って心を開くことを始めてみましょう。

病気の症状があるために現在は気持ちが閉塞していると客観的に見つめられるようになることで、自分の良い所へも気づきが生まれて来るようになるでしょう。

気分変調症の人にどう接する?周囲の方が出来ること!

もしも、家族や大切な人が気分変調症だと診断されたら、周囲の方が出来ることももちろんあります。

れっきとした病気でそれによって気分の変調を来しているわけですので、本人と同じく病気を知ることはとても重要です。特に、身近な方は共感出来るように話に耳を傾けてあげましょう。

聞いてくれるだけでも、患者の心のうちでは負担が少しでも軽くなることも良くあります。家族や大切な人であれば尚更その行為は貴重なものになるでしょう。また、本人の良い面を評価してあげるのもおすすめです。

この病気になるとプラスに考えることが出来にくくなるので、本人の良さを自然に引き出すように伝えてみましょう。過度な褒め方をする必要はありませんが、良い点をありのままに評価することで方向性を柔軟に出来るようになる可能性もあります。

医療機関などのつながりは必要!周囲の方も本人も!

2年以上、継続して気分の変調を来した場合に気分変調症と診断されるので、直ちに回復が見込めるものとは言えないのですが、適切に治療を重ねることで症状の改善や軽減はもちろん期待できるようになるので、医療機関とのつながりも持っておく必要があることも、理解をしておくようにしましょう。

また、心理カウンセラーとの連携も出来るように、つながりを持っておくことはとても重要な鍵になります。一旦、良くなったかのように見えても、医療機関とのつながりが切れてしまうとまた以前の状態に戻ってしまうこともあるからです。

本人だけで立ち向かおうとするのは、孤独になる可能性もありますので、寄り添う周囲の方の支えも大きいものがあることを把握しておきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ