同一視されがち?「うつ病」と「不安障害」の違い!

精神障害の増加は、現代社会では非常に重要な問題となっています。

その中でも特に近年増加傾向にあるのが、「うつ病」と「不安障害」です。同じ精神疾患ということで同一視されてしまいがちなこれらの病気ですが、実は、原因や症状は全く異なります。

また、有効な治療方法も、共通している点と異なる点が見受けられます。そこで、「うつ病」と「不安障害」それぞれの症状や原因、治療方法について徹底的に解説します。

「うつ病」とはどんな病気?「気分」が見分けるポイント!

うつ病で多く見られる症状は、下記の通りです。

    <うつ病の症状>

  • 不眠
  • 食欲不振
  • やる気の現象
  • 強い疲労感
  • 集中力の低下
  • 何事にも興味がなくなる

以上のような、精神的な落ち込みが主症状となるケースが圧倒的に多いのが特徴です。また、うつ病を悪化させてしまうことにより、自傷や自殺願望に発展してしまうという場合があることも特徴の1つです。

うつ病の原因は?「真面目で責任感が強い人」に多い!

うつ病になりやすい人はどんな性格?

うつ病の原因については諸説ありますが、慢性的なストレスが大きな原因となっていることが多いです。また、真面目で責任感が強い性格を持っている人や、悩みを一人で抱え込んでしまいがちな人がうつ病を発症しやすい傾向にあります。

どのような形でうつ病に発展する?

義務感の強さがいつしか精神的なストレスとなり、誰にもその負担を話すことも、誰かに頼ることもできず、慢性的にストレスを受け続けた結果、精神に負担がかかり、うつ病になってしまう…というのが、典型的なうつ病のケースです。

うつ病のメカニズムは?

うつ病のメカニズムも様々な説がありますが、一般的に広く知れ渡っているのが神経伝達物質の欠乏です。ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質が現象することにより、脳内への「情報量」が減ってしまい、感情や行動に支障をきたすことで、うつ病が発症しやすいのではないかと推測するデータがあります。

「不安障害」はどんな病気?不安障害は行動の制限がある!

不安障害の症状は、あらゆる出来事に対して過剰な不安や心配を引き起こし、行動が制限されたり、身体的な症状が出たりするケースが多いです。

そもそも「不安障害」には、様々な種類のものがあり、症状もその種類によって異なります

不安障害①「パニック障害」

パニック障害は、突然の苦しい症状(激しい動機や喉の詰まり感といった胸部不快感、発汗など)に加え、「このままだと死んでしまう」という強い不安感に襲われる病気です。この症状を「パニック発作」と呼び、このパニック発作が頻発すると、外出が困難になるなど日常生活に支障をきたす場合があります。

不安症障害②「社会不安障害」

社会不安障害は、他者からの視線に対して異常な不安感や恐怖を感じる病気です。具体的には、プレゼンなどの大勢の場での発表、目上の人との会話、他者との食事といったものを避けるようになります。これが悪化すると、通学や通勤、仕事を遂行することが困難になるケースに発展することもあります。

不安障害③「全般性不安障害」

全般性不安障害は、具体的な対象があるというよりも、あらゆる出来事や活動に対して過剰に不安や心配を抱きます。また、長期的にその不安や心配が続くことが大きな特徴です。

不安障害④「恐怖症」

ある特定の出来事や場所、状況に対して過剰な恐怖を感じることを「恐怖症」と言います。恐怖症については種類が多数あり、一般的によく知られているものとして、高所恐怖症や先端恐怖症、対人恐怖症、閉所恐怖症といったものがあります。

不安障害の原因って?主に考えられる4つのもの!

不安障害の原因には、主に4つのものがあげられます。

①性格

不安障害は、神経質な性格やこだわりの強い性格、完璧主義な性格の人に発症する傾向が多く見られます。

②ストレス

過去に大きなショックを受けたことがストレスになったり、慢性的なストレスを抱えたりすることで、不安障害を患うケースも多く見られます。

③過去の体験

過去に大きな不安や恐怖を感じた経験がある場合、「その経験を繰り返したらどうしよう」と過剰に心配・不安を感じるようになり、不安障害になりやすくなります。

④遺伝

不安障害は、家系に不安障害の人が多い場合に発症するという研究結果もあります。ただし、必ずしも不安障害になると断定されているわけではなく、あくまで「その傾向にある」というニュアンスが強いです。

うつ病や不安障害の治療ってどんなもの?共通点や違う点!

うつ病や不安障害の治療の共通点は、投薬治療と認知療法が非常に効果的であるという点です。抗うつ剤や抗不安薬を投薬することは、これらの症状を緩和させるのに非常に高い効果を発揮します。

また、認知療法という「物事の認知の歪みを正す」方法も、うつ病や不安障害に効果的です。認知の歪みを正すことによって、自己否定感や不安感を取り除くことが可能です。

うつ病と不安障害の治療で違う点は、うつ病の場合は食事治療が有効なケースもあるということです。うつ病の原因にはセロトニンという脳内伝達物質が関係しているという説があることから、セロトニンを増加させる食事を摂取することで、改善へと導く治療方法が有効となります。

うつ病や不安障害を正しく理解し、適切な治療を行いましょう。

うつ病や不安障害の症状や原因、治療方法について解説しました。共通する点もあることから、違いがあまり認知されていない「うつ病」と「不安障害」ですが、実際はそれぞれの症状や原因は大きく異なります

基本的に、うつ病は精神的な症状が主訴となり、不安障害は精神的な問題から身体的な問題まで様々です。また、原因も、うつ病はストレスや脳内伝達物質が関係していますが、不安障害においては過去の体験が大きく影響しています。

うつ病や不安障害は、適切に理解し、それぞれに合った治療方法を受けることで、改善に導かれるケースがほとんどです。正しい知識を身につけるため、少しでも疑問に思うことがあれば、精神科や心療内科の専門家に話をしてみるといったことも大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ