必読!身近に存在する「うつ病」の実態と食事による克服メソッド

「うつ病」になったら何をすれば克服出来るのか、そう思った事はありませんか?

現代の医療技術によって治療する事も可能ですが、何通りもの治療法を試してもその効果は個人差があり、人によっては症状が悪化する可能性がある事も現状です。それ程「うつ病」は完治するまでの道のりが困難な病気でもあります。

今回紹介する「うつ病」を克服するための方法は、生活のある部分を意識するだけです。それだけで大きな効果をきっと与えてくれるでしょう。この「うつ病」克服法を読んで、心身ともに元気な日々を送りましょう!

「うつ病」とは?人々の生活に潜む身近な病気

世間に広まる「うつ病」という認識

「うつ病」とは一体どのような病気なのでしょうか?普段我々が耳にする「うつ病」というワードを聞き、想像する状態は「物事に対して無気力となり、何に対しても無関心になる」と思う方が非常に多いです。この認識は決して間違いではありません。

しかし、医学的知見から観察するに「うつ病」という病気は外的要因により脳に何らかの異常が発生し、神経伝達物質の働きが低下するといわれています。

うつ病患者は年々増加し、およそ70万人にのぼります。「うつ病」は、誰にとっても身近な病気であるといえます。

医学的なうつ病の症状と引き起こされる原因

うつ病の症状

「うつ病」は私達の体にどの様な症状を引き起こすのでしょうか?現在確認されている「うつ病」の症状は「心の症状」と「身体の症状」の大きく2つに分けられます。

    <うつ病による「心の症状」>

  • 抑うつ気分
  • 不安症状の併存・重症の焦燥
  • 消えたい、ここから居なくなりたいという逃避思考
  • 興味心を持つ事、または喜び楽しむ事の喪失
  • 物事に対する意欲の低下
  • 過剰及び不適切な罪悪感
  • 集中力の低下

この様な症状が挙げられます。続いて「身体の症状」としては以下の通りです。

    <うつ病による「身体の症状」>

  • 睡眠不足
  • 食欲の急激な減退または増進
  • 日常的な疲労感や倦怠感
  • 動悸、息苦しさ、口の渇き等
  • 身体の重さや痛み

この様な症状が挙げられます。これらの症状は一過性ではなく継続的に発症します。

「うつ病」が引き起こされる原因

「うつ病」は前述した通り、脳の働きに何らかの問題が起きて発症します。どんな事がおきると脳の働きに問題が起きるのでしょうか?

最も起こりやすい条件はその人の心に対して特別大きな変化をもたらす出来事を経験する事です

その人自身の物事に対する考え方・生活環境の大きな変化、生活において発生したストレスなどが複雑に絡み合い引き起こされます。それは決して辛い・悲しい出来事ばかりでなく、時には、嬉しい・明るい出来事がきっかけとなり、「うつ病」を発症する事もあります。

また、遺伝との関連性も研究されていますが、特定の遺伝子があれば必ず発症するというものではありません。

「うつ病」が発症!脳内における神経伝達物質の役割と変化

うつ病発症!脳の中で起きている事

脳の中では、情報を伝達するために重要な3種類の神経伝達物質が働いており、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンは「モノアミン」と総称されています。諸説ありますが、この「モノアミン」が脳内において減少する事で引き起こされます。

神経伝達物質の働き

「モノアミン」と呼ばれる3種類の神経伝達物質にはそれぞれ以下の様な働きがあります。

    <神経伝達物質の種類とその働き>

  • セロトニン…精神バランスの整調
  • ノルアドレナリン…ストレスに反応して分泌され、集中力・判断力・身体機能の向上
  • ドーパミン…快感・意欲向上・記憶力向上

ここに挙げた働きの他にも様々な機能を持ちますが、人々が生きる上で必要不可欠な物質である事が理解出来ます。

一般的に応用されている「うつ病」治療とその効果

一般的な「うつ病」治療

現在の医療では「うつ病」に対する治療方がいくつか存在しますが、代表的なものには「精神療法」「薬物療法」の2つがあります。

    <医療技術による「うつ病」治療方法>

  • 「精神療法」…医師やカウンセラーの人と対話して、問題解決の糸口を探す。認知療法や対人関係療法などがある。
  • 「薬物療法」…抗うつ剤と呼ばれる薬を服用して治療する方法。効果が出るまでには個人差があり、人によっては副作用を引き起こす可能性有り。

「うつ病」治療の効果

軽度の「うつ病」であれば「精神療法」と十分な休息により回復に向かうケースが多いです。ただし、重度の「うつ病」と診断された場合、十分な休息だけでは回復する事は非常に難しいです。そのようなケースでは薬物療法を行う事が多いです。

しかし、「薬物療法」も決して万能ではありません。抗うつ剤を服用して2~3週間で効果が現れる患者もいれば、1年以上かけても回復傾向が悪い患者もいるのが現状です。

必須!「脱うつ」に欠かせない食材とその食べ方

脱うつ病に欠かせない食材

「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」といったモノアミン達はサプリメントにより摂取する事も可能です。しかし、これらは私達が普段の生活の中で見る食材にも種類豊富に含まれています。ここで、各伝達物質が含まれる代表的な食材をいくつか例に挙げてみます。

1つ目のセロトニンは「トリプトファン」と呼ばれると物質が脳内に取り込まれる事で最も多く摂取できます。その為に、トリプトファンを多く含む食材を摂る事が重要です。

    <トリプトファンを含む代表的な食材>

  • チーズ、ヨーグルトといった乳製品
  • 豆腐、納豆、醤油といった大豆製品
  • マグロ、カツオなどの魚類
  • アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類

他にもセロトニンを合成する物質はビタミンB6やマグネシウムからも摂取する事が出来ます。

    <ビタミンB6またはマグネシウムを含む代表的な食材>

  • ビタミンB6…肉類(牛,豚,鶏レバー、ささみなど)、魚類(マグロ、カツオ、サバ、アジなど)、その他(唐辛子、ごま、ピスタチオ)
  • マグネシウム…たね類(ごま、アーモンド、カシューナッツ)、藻類(あおさ、青海苔、岩のり)、豆類(きな粉、油揚げ、木綿豆腐)

2つ目のノルアドレナリンは、チロシン・フェニルアラニンが原料となり合成されます。

    <チロシンまたはフェニルアラニンを含む代表的な食材>

  • 牛乳、大豆製品
  • 肉、魚類などのタンパク質を多く含む食品
  • 鉄分やミネラルが豊富な食材

3つ目のドーパミンは、主にチロシンというアミノ酸が原料となり合成されます。

    <チロシンを含む代表的な食材>

  • きな粉、高野豆腐、大豆などの豆類
  • 小麦、小麦胚芽などの穀物類
  • カツオ、煮干しなどの魚類
  • 豚肉、鶏胸肉などの肉類
  • ほうれん草、たけのこ、グリンピースやキウイ、アボカドなどの野菜や果物
  • しいたけ、えのき茸などのキノコ類

この様に挙げてみると、意外にも私達の食生活において身近な物が多く有ります。言い換えれば、「うつ病」に対して特別な食材が必要だという訳ではないと分かります。

「脱うつ病」に必須な食事法

食材を選ぶ事と同時に大切な要素がもう1つあります。それは食事を心から味わう事です。

何故食事を心から味わう事が大切なのでしょうか?それは食べる時に「甘くて美味しい」「噛み応えがある」「コクがある」と心で感じ頭に働きかける事で、脳内へ必要不可欠な神経伝達物質がより伝わり易くなるからです。

食事は栄養をとる事と同時に心にも非常に良い影響を与えています。

まとめ

うつ病は脳内の神経伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミン)の減少が原因となって引き起こされる病気であり、3つの物質は重要な役割を果たしています。また、現在の医療技術において治療法も確立されていますが、我々の普段の食事でうつ病を克服する事が可能です。

食事でうつ病を克服する為には、多くの食材をバランス良くかつ頭と心で感じながら食べる事が非常に大切です

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ