うつ病改善に効果があるリズム運動とは?

うつに効果ありとされているのが、リズム運動です。リズム運動を行うと、神経物質のセロトニンの分泌量が増えます。

セロトニンの分泌量が増えると、脳の情報伝達がスピーディーに行われるようになります。その結果、うつ症状の緩和に効果ありと考えられています。

リズム運動ってどうやるの?

リズム運動と一言で表しても、様々な行動が当てはまります。走る、歩くといった行動は勿論、食べ物を咀嚼する事や、呼吸をする事も、当てはまります。その為、これでなければいけないといった特別な決まりはないものと考えて良いでしょう。

ただし、以下のポイントに注意しながら行う事でより症状の緩和が期待できます。まずは、意識して行うという事です。特に食べ物を咀嚼する事や、呼吸をする事の場合、意識して行わなければ、効果は期待できません。ただ、走る、歩くといった行動は意識しすぎると、怪我のリスクが高まるので要注意です。

どのぐらいやればいいの?

続いて、継続的に行う事です。リズム運動は、3日程度継続して行ったら効果が期待できるというものではありません。最低でも3ヶ月、毎日行う事でようやく効果ありと言われています。

効果を感じるまでの期間にも、個人差があるので3ヶ月では何も変わらないという人もいるはずです。しかし、そこで辞めてしまっては意味がないので、気長に取り組むようにしましょう。

また、1回につき30分程度取り組む事も大切です。最低でも20分は行うようにしましょう。

ただ、うつ症状がある場合、やる気の問題もあるので、いきなり20分取り組むというのは難しい事です。そこで最初は5分程度に抑えて、段々と時間を延ばして行くようにしていきましょう。

継続するためには?

最後に、あまり疲労感を感じにくいものを選ぶという事です。疲労感を強く感じすぎるものでは、継続するのが難しい上に、うつ症状のある場合は、やる気が起こりません。そのため、ある程度の負荷のないものを選ぶようにすべきでしょう。

だからといって、全く疲労感を感じない楽すぎるものでは、行う意味が無いので、適度なリズム運動を選びましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ