本当にタダの自意識過剰でしつこい人?強迫性障害の5つ特徴

脅迫という言葉と強迫という言葉をよく勘違いされてしまう事があります。前者の脅迫は誰かを脅して自分が利益を得ようとする犯罪行為ですが、強迫は自分の思考などによって自分自身を追い詰めていくような行為という違いがあります。

そんな自分自身の思考で自分自身を追い詰め苦しむ状況になっていく事は、普通の人でも意外と頻繁に日々起こっている事でもあります。ですが、普通は「些細な悩み」「ちょっとした不安」などとして、すぐに解決してしまいます。

強迫性障害は、「些細な悩み」や「ちょっとした不安」が自分の力では解決できずに、どんどん大きく膨らんでいくような病気です。そんな強迫性障害の特徴などについて少しだけ掘り下げて、まとめて行きます。

強迫観念?過酷で不利益であっても指令遵守!

普通の人にとって、自分の頭の中に思い浮かんだ事に全てが支配されてしまう感覚を理解する事は不可能でしょう。強迫性障害の人の強迫観念というものは、そのような理解不能とも言える状態です。

これなら普通の悩み

普通の人でも、不安な事や心配な事があると、それについて悶々と悩んだり苦しんだりします。ですが、不安な事や心配な事を打ち消すような情報があったり、解決の糸口が見つかると、悩みや苦しさは少しずつ軽く小さくなって行きます。

その悩みがプライベートに関する事だったとします。もしも同時進行で仕事上で別の悩みを抱えたとしても、その二つは切り分けて、優先順位をつけて悩んだり考えたりするでしょう。

そして、時間と共に悩みと苦しみは忘れ去られてしまったり、自分の中で「どうでも良い事」として認識され、重要事項からは外れていくでしょう。自分で自分の考えや思考を打ち消したりコントロールできているから、悩みや苦しみを解決する事が出来るのです。

これが強迫観念だ!

しかし、強迫性障害の人の場合は、不安な事や心配な事を悶々と悩み始めるところまでは同じような感じかもしれません。ですが、その不安や心配は次から次に浮かんでは消える事なく、どんどん苦しめ始めます。解決の糸口が見つかろうものなら、全力で糸口を潰すほどのネガティブな思考が浮かんできます。

ですから、心配や不安を打ち消すような内容であったとしても、単なる不安を増強させる新しい情報として認識されてしまうのです。悩んでいる相手の苦しみが少しでも軽くなればと良かれと思って新情報を与えてしまうと、かえって、その情報に苦しみが増強するような状況に陥ってしまいます。

強迫行為?理由なんて存在しないし必要ない!

有名な強迫行為として、何度手を洗っても清潔になった感覚が得られないと、手洗いを延々と繰り返す行為や、出かける時に鍵を掛けたか不安になって何度も何度も確認する行為などが挙げられます。

これは普通のこだわり

普通の人でも、いわゆる「こだわり」が強い人と言われるような人がいます。コーヒーなら、どこそこの店が一番美味しいから、そこで買った物以外は飲まない。ここのブランドのシャツが着心地が良いから、常にそのブランドのシャツを着ている。などなど。

例えば、いくらコーヒーが美味しくても、もしもお店がなくなれば新しいお店を探すでしょうし、そこのコーヒーが体に悪いとなったら別のお店のコーヒーに変えるでしょう。ブランドのシャツもそうです。着心地が良いと思っていても、着心地が悪いと感じる事があれば違うブランドに変えるはずです。

これが強迫行為だ!

ところが、強迫行為は、そもそもの根本的な部分が違います。普通の人のこだわりは、物や事、場所や人にこだわる理由や根拠が存在するのに対して、強迫行為は一般的に納得できるような理由や根拠が存在しない事の方が多いのです。

何度も手を洗うのは、手が汚れていて何度洗っても汚いような気がする。汚れが落ちていないような気がする。鍵を掛けたかどうか何度も確認するのは、鍵を掛けていないような気がする。忘れてしまったような気がする。と言った曖昧なものであることがほとんどなのです。

同時に曖昧であるが故に、ハッキリとしない不安として考えれば考えるほど、大きな不安に膨らみ続けてしまいます。

不潔恐怖?矛盾する清潔と不潔の概念!

一度、何かのきっかけで不潔=病気などのイメージが出来上がってしまうと不潔は悪であり、忌み嫌い、自分の人生から除外されるべきものだという思考が出来上がってしまった結果と言えます。

ただの綺麗好き

よく綺麗好きな人が自分の事を潔癖症だと表現する事があります。毎日、掃除機を掛けないと落ち着かない。床に落ちてる髪の毛を見つけるとコロコロを掛けたくなる。洗濯物は下着と上着、靴下など細かく分けて洗濯する。という綺麗好きな人から、様式トイレの便座が気持ち悪い。消毒してからでないと使えない。

ホテルのタオルなどは誰が使った物か分からないから使えない。など色んな事を言う人がいますが、これも普通の人のこだわりに過ぎない部分だと言えます。一般的に考えて、確かに不潔だったり絶対に清潔だと言えない状況や理由が存在するからです。

これは潔癖症!

ただの綺麗好きに反して、病的な潔癖症は、やはり一般的に納得できるような理由がない場合がほとんどです。例えば、公共トイレの床は汚いと思うものです。

トイレの後の自分の手が汚いから洗うために、自分のバッグをトイレの床に置いて何度も何度も自分の手を念入りに洗い、洗い終わったら、そのバッグを持って、膝の上に乗せても全く意に介さない。

自分の手は汚くて汚くて何度も何度も洗わなくては、気が済まないけれど、誰が使ったのか分からないトイレの床は自分が気にならなければ、汚いとは思わない。極端な例ではありますが、本当の潔癖症の人には、こうした矛盾が見られる場合が多くあります。

加害恐怖?全ての不幸の源は自分と誤解?

人間誰でも無意識な自分の言動や行動の結果で誰かを傷つけてしまう事はあります。強迫性障害の人は、無意識の行動や言動でさえもコントロールしたい。そんな無理な事を願い自分を苦しめてしまいます。

ただの心配性

自分が迷っている時などは特に「この行動をとる事での結果」を想像すると、ネガティブな結果を想定してしまいがちで、ますます不安になり二の足を踏む。という状況になる事はよくあります。

よくネガティブ思考と言われる人には、この傾向が強く見られ、他人から見れば、そんなあり得ない!と一笑に付してしまうような心配をする親子の姿などは想像しやすいかもしれません。

普通であれば、そうは言っても、人間なら失敗するのが当たり前。完璧な人間なんて存在しないのだから。と不安や心配な気持ちを抱えながらも次の一歩を踏み出して行けるものです。

加害恐怖のなせる業

強迫性障害の人は、自分のせいで誰かを傷つけてしまうかもしれない。そう一度思ってしまうと、最終的に相手の命も奪ってしまう。という最悪の事態まで妄想的に考えてしまうため、不安や心配を抱えつつも次の一歩なんて踏み出せません。

ひどい時は、自分が動く事で、自分に関わった人たちは何らかの不幸に遭遇してしまう。だから、自分は関わった人たち全員から恨まれて憎まれて嫌われて…と怖いくらいのネガティブサイクルに陥り、部屋から一歩も外に出られない。そんな状況に陥ってしまう事もあるのです。

被害恐怖!自分が動けば不幸が始まる?

加害恐怖とは真逆に極度の被害妄想だと言えます。そして、その考えに支配され、身動きが取れなくなってしまいます。もう、家の外に出て、自分以外の人と接しない。それしか自分が救われる方法はない。とさえ思ってしまう事もあります。

些細な先取り不安

自分が行動したり、発言したりする事で、誰かを傷つけてしまうかもしれない。自分としては、悪気は全くないのに、その行動や発言を不愉快に思った人が逆恨みをして、自分に敵意を抱くかもしれない。それが誰かに注意しなくてはならない場面や立場であったら尚更です。

しかし、社会の中では自分が、その役割を担わなくてはならない立場であったり、自分の事を守るためには言わなくてはならない。必然的に恨みを買ってしまうような出来事は星の数ほどあります。

ですから、普通の人であれば、そういう「もしかしたら…」という先取り不安を抱えつつも、行動したり発言したりして、その不安と向き合い乗り越えて前に進んでいくものです。

被害妄想サイクル!

でも、強迫性障害の人は、その不安と向き合ったり乗り越えるなんて怖くてできません。それが、自分の単なる先取り不安で実際に起きるとは限らない。という可能性を信じる事が出来ないからです。

それは、普通の人から見れば「なんて自意識過剰なの?」と驚いてしまうような事がほとんどです。では、どんな不安にとらわれて身動きが取れなくなってしまいがちなのかリストにまとめて見ました。

    <被害恐怖の人がとらわれがちな5大不安>

  • 仲の良い人が体調不良で休んだら、自分のせいではないかと不安で仕方がなくなる
  • 少しでもクレームをつけたら逆恨みされて、自分の素性を調べ上げられ嫌がらせを受けるに違いないと思う
  • 嘘をついたら、その嘘は必ずバレて訴えられたり大変な事になってしまうと信じている
  • テレビで見た不幸なニュースと似ているような景色や状況に遭遇すると自分も被害に遭うと不安になる
  • 好きな相手は特に会話中の些細な一言一言が自分の事を否定したり非難しているのではないかと気になる

まとめ

強迫性障害の人たちは、普段このような不安や生きづらさを抱えながら生きているという特徴的な部分をまとめました。一見、何の先入観も持たずに強迫性障害の人と接し、その苦しみの部分に触れる事があれば「くだらない事で悶々と悩む人」「自意識過剰な悩みで困っている人」などの印象を持つかもしれません。

しかし、普通の人から見れば「くだらない事」「自意識過剰な悩み」ですが、強迫性障害の人たちの脳の中では、それが勝手に暴走してしまい、それを自分の力では抑える事が出来ずに困っているのです。ですが、困っている事にスポットを当てて「大変ね!」と同調し過ぎると、苦しみを増強させてしまいかねません。

ですから、全否定でも肯定でもなく、やんわりとした否定と適度な距離感を保ちながら気長に付き合っていく必要があります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ