定年退職後の余命20年をうつで過ごさないための方法

老後定年退職は人生の大きな節目です。この節目で職を喪失したために生活環境が変わることで、大きなストレスを受けてしまい、うつ病を発症する方が増加しています。

うつ病を発症した人の多くは、仕事に対して生きがいを持ち、真面目で几帳面で責任感が強く職場での評価も良い方です。

周りの人からみると、こういう方は退職後も趣味を楽しんでセカンドライフを楽しめる感じがしますが、実際には退職をきっかけに精神的には無気力や落ち込みやすくなったりしてしまいます。また、身体的な症状がでることもあり、頭痛や慢性的な眠気、疲労感などが確認できることもあります。

仕事に生きがいを感じていた場合は特に退職後の時間を上手に過ごすことができずに、自分を責めたりしてしまいうつ病を発症してしまいます。

現役の内に老後の準備を

退職後の時間を有意義なセカンドライフにするためには、退職前から準備をしておくことが大切です。退職すると仕事中心の生活から家庭中心の生活に生活の主体が変化します。

そのため、退職前から退職後の時間に自分が取り組める趣味を探したり、家族との時間を多く持つように徐々に変化させたりすると効果的です。他にも、仕事をしているときには時間がなくてできなかった、地域の交流やご近所付き合いなどもいいかもしれませんね。

これから何でもできるとポジティブに考える!

定年退職後のうつ病を防ぐには、仕事を失ってしまう喪失感を小さくすることもポイントのひとつです。そのためには、「仕事でできなかったことをこれからは何でもできる!」というように退職自体をポジティブに考えることでうつ病の発症を防ぐことができます。

現在では定年退職後の時間は20~30年程あると言われていますので、退職前からセカンドライフの計画を練ってみるのもいいでしょう。有意義なセカンドライフを過ごすためにも、定年退職後の生活に向けて早めに準備にとりかかり、自分の考え方や環境を徐々に変化させていきましょう。

そうすることでうつ病を防ぎ、健康で楽しい退職後の時間を迎えることができます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ