なぜ定年退職後うつ病になるのか?

定年後定年退職後のうつの症状は、体の変化と密接に関わりがあります。

ホルモンバランスの大きな変化がもたらす女性の更年期障害はとても辛いものです。あまり知られていないことですが、男性にも同じような症状を訴える時期があり、それが定年を迎える60歳前後の時期なのです。

体がだるい、眠れない、食欲減退、気力がないといった症状に退職により仕事を失った喪失感が加わって不安などの症状を訴える人も多くいます。

燃え尽き症候群が原因?

定年退職後のうつは燃え尽き症候群とも呼ばれます。

自分は誰からも必要とされていないのではないか?」仕事という生きがいを失うことで、自分の存在価値を見失い、この病気特有の悲観的な考え方、落ち込みがより一層深刻になってしまいます。

定年退職後の自殺も増えており、この年代はうつ病を発症することの多い年代です。

律儀で几帳面な真面目な人ほど、定年後の有り余る時間をストレスに感じる傾向があります。

セカンドライフを楽しむことがうつの予防になる

この年代のうつ病が進行すると認知症になることもあり、セカンドライフを楽しむためには定年前から人生を楽しむ準備をし、うつ病を予防することが大切です。

仕事に真面目に一生懸命取り組み、生きがいを感じて長く働き続けることはとても誇らしいことです。しかし、それと同時に趣味や仕事以外の人間関係を充実させ、仕事中心の生活からプライベート中心の生活へ徐々にシフトできるようにしましょう

急激な環境の変化もまた、この病気の発症の原因となります。無理なく生活を切り替えられるよう、長い時間をかけて準備をすることが必要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ