うつ病で使う抗うつ薬の副作用が心配!2週間以上の経過観察が必要!

うつ病など精神疾患に処方される抗うつ薬だけでなく、薬全般に副作用が、多かれ少なかれ存在します。

例えば、「緊張を和らげる」作用は、「眠くなる」作用と表裏一体なもので、使用する側にとって不都合な作用を、副作用と呼んでいるわけです。そのため、副作用は薬の効果の一部であるため、避けようがありません。

うつ病と同様に、抗うつ薬について誤解している人も少なくないため、抗うつ薬の効果と副作用について説明します。

脳機能を回復させる!どれくらいで効果が現れる?

うつ病などの精神疾患は、「単なる気分の問題」や「気の持ちよう」ではなく、脳が生理的機能な不全状態を起こしている症状であり、脳内情報伝達物質の働きを回復させる効果のある投薬の必要がある病気です。

脳機能を回復させる!

抗うつ薬は、「心や精神」といった実体のないものに働くものでなく、脳内の情報伝達神経系に作用し、神経生理学的な機能を調整させる目的をもった治療薬です。

どれくらいで効果が現れる?

抗うつ薬は、覚せい剤やマリファナといったいわゆる麻薬のように、劇的に気分の変化をもたらす即効性はありません。少なくても1~2週間程度の様子見が必要ですし、効果の現れ方も非常にゆっくりとしたもと理解しておく必要があります。

よく現れる副作用とは?副作用が先に現れる!

抗うつ薬の副作用は、他の薬と同様に症状の現れ方に個人差が大きく、「どのような症状が」、「どの程度の」、「どれくらいの期間続くか」は、はっきりしていません。

よく現れる副作用とは?

抗うつ薬には、一般的に誤解されている麻薬のような「中毒性」や「依存性」はありませんが、次のような症状が現れることがあります。

    <抗うつ薬の副作用事例>

  • 口の渇き
  • 便秘や排尿困難
  • 眠気や眼のかすみ
  • 頭痛、動悸や立ちくらみ
  • 胃腸障害
  • 性機能障害

また、抗うつ薬の服用当初は、不安や焦燥感、衝動性が高まることもあります。

副作用が先に現れる!

抗うつ薬の副作用は、服用を始めた直後に現れることが多く、効果よりも先に副作用を実感してしまうため、薬への不信感を抱きやすい問題があります。特にうつ病は、否定的なもの見方をする傾向が強いため、自己判断で服薬を中止しないよう注意しなければなりません。

抗うつ薬の種類とは?効果と副作用の特徴とは?

抗うつ薬は、脳内の情報伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)の働きを回復させる作用がある治療薬です。

抗うつ薬の種類とは?

うつ病で処方される抗うつ薬には、次のような種類の薬剤があります。

    <抗うつ薬の種類>

  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬:SSRI
  • セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬:SNRI
  • その他(スルピリド、リチウムなど)

効果と副作用の特徴とは?

三環系抗うつ薬は、歴史も古い第一世代の抗うつ薬で、強力な効果が認められますが副作用も強く、重篤化するケースもみられます。そのため、近年では安易に使用せず、他の抗うつ薬では効果がでない場合など、治療が困難な症例に限って用いられています。

四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬に比べ副作用が少なく、即効性も改良された薬ですが、効果が弱めなためあまり普及していません。ただし、睡眠を深くする作用に優れているため、不眠症状の強いうつ病に用いられています。

SSRIとSNRIは、三環系や四環系よりも副作用が少なく、重篤な副作用が殆んどみられないことから、うつ病治療の第一選択薬となっているほか、精神科医以外でも使用されています。

SSRIは、セロトニンだけを選択的に増やす作用に優れており、SNRIは、セロトニンの他にノルアドレナリンにも働き、意欲の改善効果と心因性の痛みを緩和する働きがあります。

強い不安と睡眠障害に併用!幻覚を伴ったうつ病には?

うつ病の薬物療法には、抗うつ薬の他に症状に合わせて「抗不安薬」、「睡眠剤」、「抗精神病薬」が用いられています。

強い不安と睡眠障害に併用!

抗不安薬は、うつ病で不安が強い場合や、SSRIなどの服薬初期にみられる不安や焦燥感対策として、抗うつ薬の効果が認められるまで併用するケースがみられます。

睡眠剤は、うつ病症状の中途覚醒や早期覚醒などの睡眠障害対策として用いられます。

不安や焦燥感、睡眠障害などの症状が改善してきたら、徐々に減薬を始め、使用を中止していきます。

幻覚を伴ったうつ病には?

抗精神病薬は、一般的に統合失調症に用いられる治療薬です。うつ病では、幻覚や幻聴、妄想を伴った症状や、不安や焦燥感で落ち着きなく動き回る多動性を現すこともあり、このような症状に対して抗精神病薬が用いられます。

効果の自己判断は厳禁!服用直後のそう状態に注意!

抗うつ薬の処方は、一般的に2~4週間の経過観察の後に、効果が認められれば継続し、なければ増量して更に2~4週間程度の経過観察を行います。それでも効果が見られなければ、他の治療薬への変更や併用して治療することになり、他の疾患に比べると効果の見極めに、慎重さが求められ時間がかかります。

効果の自己判断は厳禁!

効果を実感できるまでに時間がかかる上に、副作用が先に現れてしまうため、薬や医師に不信感を抱いてしまうことや、症状が治まってくると自己判断で、服薬を中止してしまう人が少なくありません。

充分に効果が出るまでには時間が必要ですし、症状が治まっても、脳の機能が充分に回復しているわけではないので、自己判断での服薬中止は、症状の悪化や再発をまねいてしまうため、注意しなければなりません。

服用直後のそう状態に注意!

抗うつ薬を服用し始めると、以前より元気になったり、性格が変わったようになることがあります。抗うつ薬の副作用でもありますが、双極性障害(躁うつ病)の疑いもあります。双極性障害は、本人はそう状態を調子が良い状態と認識しているため、診断が難しくなっています。確実な診断を行うには、自己申告だけでは不充分なため、家族や周囲の人からの情報収集が必要になっています。

    <双極性障害が疑われるケース>

  • 服用後、急に愉快になる
  • 服用前と比べ、よく話をするようになる
  • 服用前より自信に満ちている
  • 服用前と比べ、落ち着きがなく集中力が低下している
  • 夜よく眠れていなくても調子が良いという
  • 少しのことでもイライラする

まとめ

うつ病などの精神疾患、いわゆる「心の病気」に薬を使うことに、抵抗感や不信感をもっている方は、少なくありません。また、充分な知識を持たず偏見で、患者に薬の害悪を指摘してしまい、治療を妨げてしまう人も存在します。

うつ病は、自殺念慮を伴う病気であり、睡眠薬などの大量服用は、その発端にもなりかねません。

病気の知識、薬の効果と副作用の知識を学習し、正しく危険性を認識しながら、短期の変動に焦らず治療を進めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ