不眠症の時セロトニンをふやす?自律神経のバランスを守るため必要!

毎日の不眠の対策として、休みの日はぐっすりと眠ろうと計画をして何もしなくてもいいように準備をして休日をむかえてもなぜだか眠れない事やぐっすりと眠れた気がしないなんて事ありませんか?

これは、体内時計が狂っている為に起きているのです。人は昔から、朝明るくなったら起きて昼間働いて夜暗くなったら眠る毎日このような事を繰り返して生活をしていたのです。自然と体内時計もリズムが守られていました。

しかし、現代社会の中ではこのような事を維持する事が難しく体内時計のリズムが狂いセロトニンが減少する事で眠れないという状態になるのです。今回は、そんなセロトニンについて調べました。

不眠症とは何なのか?眠れない状態が続く事!

不眠症に悩まされている日本人は、自分で気がついていない人も含めると多くいます。そして、夜に眠れないという事が続くだけではないのです。

夜眠れない事が続く事から、昼間に眠くなる事や居眠りをしてしまう事も起きるので日常生活や会社での仕事にも支障が出るようになり人間関係にも支障が出る時や心の病気になる事もあります。

なぜ眠れなくなるか?

いくら早く寝るために努力をしても、なかなか寝つく事が出来ない等不眠の症状は様々です。よく見られる原因を、下記に挙げました。

    <不眠の時に良く見られる原因として>

  • 病気が原因にある時の症状として
  • 周りの環境が原因、寝る時の環境等
  • 悩みや、ストレスが原因の時

セロトニンとは何なのか?脳の神経伝達物質の1つ!

人の身体には身体のリズムを整える体内時計がありますが、その体内時計と深く関係があるのがセロトニンというものがあります。このセロトニンが減少する事で、不眠を生じます。

セロトニンとは、脳の中にある色々な神経物質の1つです。セロトニンはとても大事な働きをしていて、自律神経の働きや心の安定を守る為には重要な働きをしています。

自律神経のバランス?

自律神経とは、交感神経と副交感神経がありこの2つの神経が朝になったら起きる事と夜になったら眠るという働きに分かれているのでバランスが保たれる事で正しく睡眠がとれるのです。

セロトニンの働きは?

朝から夕方の暗くなるまでの間に、身体の中で作られます。自律神経のバランスを保つ意外にも人が生きていく為に大事な働きをします。計画的に物を考える事や、記憶や不安・恐怖や痛みを和らげる働きもします。

セロトニンどこにある?

セロトニンがある場所は脳の中だけではないのです。身体の中にあるセロトニンの多くは、消化管にあります。次に血液中の血小板内、残りが脳の中になります。

セロトニンが働くと眠れる?メラトニンの働きの為!

体内時計のリズムが崩れる事で、不眠になる事は上記でも説明しました。その体内時計を調整するのがメラトニンというホルモンになります。

メラトニンは、自然な眠りを誘う働きに優れています。そのために、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。メラトニンにはセロトニンとの役割分担があり、昼間にセロトニンが多く分泌される事で、夜になるとセロトニンがメラトニンの分泌を促すので眠れるのです。

メラトニンは年齢で減少!

メラトニンは常に同じ量分泌されるのではないのです。10歳頃が最も多く年齢を重ねる事で減少します。50歳から60歳頃には最も多い時に比べると10分の1以下になります。

セロトニンを増やす事は出来る?習性をいかして!

上記の説明で体の健康と心の健康を守る為にも、良い睡眠を確保する為にはセロトニンの働きが必要不可欠だという事が分かりましたよね?次にはセロトニンを増やす方法を考えましょう。

セロトニンには朝から夕方の間にかけてよく働くという習性がありますので、そこを活用して簡単にセロトニンを増やす方法をご案内しますので参考にして下さい。

まずは日光を浴びる事!

セロトニンは日光を浴びると、働きが良くなり多く分泌されるので毎日朝起きた時に朝日を浴びる事も大事ですが1日1回は外に出て日の光を浴びましょう。

規則正しく食事を摂る!

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸から作られますが、人間は自分で作れないので食事から摂取する事になります。トリプトファンはたんぱく質の多い食品に含まれますが、バランス良く食事を摂る事でしっかりと摂取出来ます。

不眠が改善できない時は?専門医を受診しましょう!

上記の事をしても不眠が改善されない時には、迷わず病院へ相談する必要があります。悩みのもとになっている不眠の原因が他にあり、正しい対応が必要な時もあるからです。

自分では気がついていなくても、生活習慣病などから不眠になっている事もあります。不眠を改善する事で、高血圧等の生活習慣病の予防をする事や病気の治療に繋げる事にもなります。

正しい対応が必要な時?

不眠の原因が病気がある事や、持病のために飲んでいる薬の為に生じている時もあるので医師とよく相談をして症状に合わせて対応するようにしましょう。

まとめ

今回は、睡眠とセロトニンとメラトニンについて両方の関係について、セロトニンを増やす方法と病院へ行く時について調べました。

セロトニンは、脳の中にある神経物質の1つで働きは、自律神経の働きや心の安定を守る事です。セロトニンの多くは、消化管にあります。次に血液中の血小板内、残りが脳の中にあります。

メラトニンは、「睡眠ホルモン」ともいわれセロトニンとの役割分担で、昼間セロトニンが多く分泌すると、夜セロトニンがメラトニンの分泌を促すので眠れます。また、メラトニンは年と共に減ります。

セロトニンを増やす方法は、習性をいかして行いましょう。不眠の改善が出来ない時は、病院で相談をして正しい対応をしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ