パニック障害は不安障害の中でも最も恐ろしい症状を伴う!

かつてはパニック障害と不安障害は「不安神経症」と呼ばれ、一つの病気として分類されていました。その後1980年代に米国精神医学会の診断基準が変更され、パニック障害は不安障害の中のひとつの障害として分類されることになりました。不安障害の中にはパニック障害の他に恐怖症、強迫性障害、急性ストレス障害(PTSD)などがあります。

不安障害とパニック障害の最も大きな相違点は、パニック障害が予期しない強烈な発作が連続するのに対して、全般性不安障害にはそれがないということです。

パニック障害はどう見極める?パニック障害ガイドライン13症例

医師がパニック障害と診断するには、次に挙げるパニック障害ガイドライン13症例の内4個以上の症状が確認されることが必要です。つまり当てはまる症状が4個未満の場合はパニック障害の条件を満たしておらず、それは全般性不安障害と判定されます。

パニック障害ガイドライン13症例を紹介します

    <ガイドライン13症例>

  • 動悸
  • 胸の痛み
  • 息苦しく、呼吸し辛い
  • 異常な発汗
  • 身体の震え
  • 窒息してしまうような感覚
  • 眩暈、ふらつき
  • 腹部の不快感
  • 夢をみているような感覚になる
  • 気持ちに制御が利かない
  • このまま死ぬのではないかという恐怖
  • 痺れる感覚
  • 異常に熱いとか冷たいと感じる

どうでしょう?あなたは上記の項目4つ以上に該当した症状を発症したことはありますか?

全般性不安障害とは?パニック障害とどこが違うの?

全般性不安障害とはパニック障害に近いが、パニック障害まではいかない疾病のことです。全般性不安障害は言いようのない不安がいつも付きまとい、苛立ちや動悸、眩暈などが毎日のように連続して起きますが、パニック障害のような強い発作は起こりません

全般性不安障害患者はほとんどが内科を受診

全般性不安障害は米国では死ぬまでに20人に一人は経験する疾病だという数値が出ていますが、残念ながら日本にはそのような統計は残されていません。また日本ではまだ馴染みの薄い病気だけに、本来患者は精神科や心療内科を受診すべきですが、ほとんどの人は内科で済ませているのが現状です。

該当する症状が4つ未満!全てが全般性不安障害ではない

さらに注意すべきことは、パニック障害ガイドライン13症状に当て嵌まる症状が4個未満であっても、それが全て全般性不安症ではないと言う点です。したがって、ガイドラインの項目だけで自己判断するのではなく、精神科や心療内科をちゃんと受診することが大切です。

パニック障害と全般性不安障害を比較!症状に違いはあるの?

パニック障害と全般性不安障害についてはパニック障害が予期しない強烈な発作が連続し、全般性不安障害にはそれがないということは前述しましたが、それでは、それぞれの症状を比較してみよう。

パニック障害のパニック発作の症状は?

重要なパニック発作の症状を14項目を以下に挙げます。

    <パニック発作症状14項目>

  • 急激な心拍数の増加
  • 息切れ、呼吸困難
  • 喉に何か詰まったような窒息感
  • 胸の痛みと胸部の不快感
  • 吐き気や腹部の不快感
  • 身体の痺れ
  • 急激な発汗
  • 身体の震えや寒気
  • 眩暈、ふらつき感
  • 今起こっていることが現実ではないような感覚
  • 離人症状
  • 感情のコントロールの喪失
  • 発狂するのではないかという恐れ
  • 死んでしまうのではないかという恐れ

全般不安障害の症状は?パニック発作より軽微!

    <全般不安障害の症状>

  • 常に落ち着きがない
  • 刺激に対して過敏になる
  • 集中力が持続しない
  • 肩こり等、筋肉の緊張
  • 不眠症状態

と、症状的にはパニック発作と比較して、いかにも軽微なものばかりです。

パニック障害と全般性不安障害の治療!類似点と相違点は?

基本的iにパニック障害と全般的不安障害の治療の仕方には類似点がたくさんあり、また相違点もあります。

パニック障害と全般性不安障害の治療の類似点

治療法の類似点はどちらも安定剤を服用し、精神を落ち着かせるトレーニングを行うことです。しかしながらこういった薬を使う治療法も大切ですが、もっと抜本的な生活習慣を見直すことが肝心だと心療内科の医師は言います。つまり、リズミカルな生活リズムを作り、バランスのとれた食事をし、適度な運動により血流を促して自律神経を整えることです。

全般性不安障害の治療

全般性不安障害の根底にあるのは、過剰ともいえる不安な感情です。したがって精神科の医師や心療内科の医師のカウンセリングは時として大きな効果をもたらします。全般性不安障害のレベルにもよりますが、早期発見による初期の全般性不安障害であればカウンセリングと投薬だけで治癒することも珍しくありません。

パニック障害、不安障害が完治!再発する可能性は?

パニック障害にしても不安障害にしても、無論病気ではありますが、視点を変えてみれば体質として捉えることもできます。すなわち、酒が飲めない体質、車酔いする体質、胃腸が弱い体質などと同じで、完全に体質を変えることは難しいのです。

再発を恐れず、長く付き合う覚悟も必要

したがって一時的に回復してもまた再発するリスクはないとは言えません。薬は万能ではないからです。ですから無理をせずに自分の持って生まれた体質と向き合い、折り合いをつけて長く付き合う方策を探ることが良いのではないでしょうか?

まとめ

パニック障害と全般性不安障害について、その原因や症状、治療方法、再発の可能性などについて紹介してきました。最後に不安障害のカテゴリーに含まれるPTSDとパニック障害についてその決定的な違いを紹介します。

パニック障害や全般性不安障害は不安症群と不安障害群に分類されます。これに対してPTSDは心的外傷及びストレス因関連障害として分類されます。PTSDは患者にとっては死ぬほど恐怖の体験をベースに発生するメンタル不全であり、パニック障害や全般的不安障害は特定できない原因からのメンタル不全ともいえます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ