興奮して眠れない時にどうすればいいの?環境を整える事です!

眠りたいのに眠れない、なぜか興奮して中々寝付けない時がありますよね。これは子供の時にはよくあったとのですが、明日が遠足だったり、家族で旅行だったり楽しいイベントが控えていると思うと興奮して眠れない状態となってしまいます。

しかし、これは子供だけに起きているわけでは無く大人になっても気持ちが高ぶったりしていると興奮して眠れない状況になる事がよくあります。そのような時にどうしたら眠れるのでしょうか?

眠れない理由は?脳が興奮している

日中は仕事や勉強、もしくは主婦ならば家事などで身体はクタクタになるまでやっているので布団にはいれば直ぐに寝られるはずと思っていると、いくら寝ようとしても眠れない時があります。

眠れないのは?

いくら寝ようとしても眠れないのは脳が興奮状態にあるからなのです。この事を理解しないと実はいくら寝ようしても眠る事は出来ないし改善の糸口も見つけられないのです。

眠れない時の身体の状態は?交感神経が優位

眠れない時は脳が興奮状態となっているのですが、その時には身体の中ではどのような事が起こっているのでしょうか?

自律神経のバランスが問題

眠りたいのに眠れない時は自律神経のバランスが崩れているのです。寝る時は、本来副交感神経が優位になってリラックスモードに入る事で睡眠に入っていくのですが、そのバランスが崩れて交感神経が優位に働いていると身体は活動モードにはいり睡眠につくのが難しくなってしまうのです。

自律神経のバランスが崩れてしまうのは?

実は自律神経は手足を自分で動かすように自分の意志でコントロールする事は出来ないのです。自律神経のバランスは日頃の生活習慣を反映して崩れていってしまうので眠れない状況を改善する為には生活習慣を改善していく必要があるのです。

眠れない時は?眠る為の簡単な準備をします

眠りたいのに眠れない時は交感神経が優位に働いているからなので眠る為には副交感神経を優位に働かせる事をすれば眠れるようになるのです。

眠る環境を整えてみる

眠りたいのに眠れない時は直ぐに眠れないからと言って焦るのが1番逆効果となります。眠る為の環境を整える事はから始めてみましょう。

眠りにつく為の環境とは?

眠りにつく為には副交感神経を優位に働かせる事が重要なのですが、その為に必要な事は寝る準備として照明を落とすという事なのです。光の刺激はどうしても交感神経を活発にしてしまう為、光をつけたままでは例え寝られたとしても非常に浅い眠理となってしまいます。

光はどれくらい?

光を落とすというとついつい真っ暗にしてしまいがちですが、自然界にはそもそも真っ暗という環境は無くリラックスして心地よい眠りにつける環境とは実は月明かりのある状況なのです。

BGMも安心できます

音についても自然界では無音という事は無く色々な音が聞こえる中で寝る事がリラックスに繋がっています。よってヒーリングミュージックなどのようにちょっとした音楽をかけながら眠る事が睡眠の質を上げることに繋がるのです。

身体をリラックスさせるには?瞑想やストレッチ

中々リラックス出来ない体をリラックスさせる為にお勧めなのが瞑想やストレッチなのです。やり方は簡単なので繰り返し行う事で常にリラックスして眠れる体質に変わっていくはずです。

眠る為の瞑想は?

瞑想はリラックスする為に意識を呼吸に向ける事で思考をストップさせる事になります。この事が寝る為には非常に良い効果があるのです。簡単な方法としてはマインドフルネス呼吸法と呼ばれるものを試すと効果があります。

    <誰でも簡単なマインドフルネス呼吸法>

  • 口を閉じたまま4秒数えながら鼻から息を吸い込む
  • 吸い込んだ息を7秒間数えながら止めます
  • 最後に8秒かけて口から息をゆっくりと吐きます
  • これを1サイクルとして3回繰り返します

ストレッチも有効です

デスクワークが多く凝り固まった身体をほぐし安眠効果を高める為の方法としてはストレッチも有効です。但しストレッチは体温が上がるので最低でも寝る1時間前までには終わらせておく事がポイントです。そうすると寝る時位には丁度体温が下がってきてよく眠れる助けをしてくれるのです。

やってはいけない事は?脳に刺激を与える事

眠れない時にリラックスを促進する事はいい事なのですが、その為に自分が好きな事ならなんでも良いのかというとそうではありません。

ついやってしまうのは?

自分の好きな事でついやってしまうのがパソコンやスマホをいじってしまうという事です。これはわざわざ脳に刺激を与え更に興奮させてしまうだけなので絶対にさけるようにしてください。

もちろんリラックスできるからといって激しいストレッチや筋トレなども余計眠れなくなってしまうので気をつけて下さい。

まとめ

興奮して眠りたいのに眠れない事はよくある事です。このような時にただ寝ようと思っても中々寝付けるものでもありません。眠れない時の私達は脳が興奮していて交感神経が優位に働いている状況なのです。この状況のままではいくら寝ようとして寝れないのです。

この興奮状態から脱却する為には自律神経のバランスを整えて副交感神経を優位に働かせる事が必要なのです。その為の方法は寝る為の環境を整える事で光や音のコントロールを行い、そして瞑想やストレッチで心地よいリラックスした状態を作り上げていく事で睡眠効果が高まっていくのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ