気持ちが落ち込む状態が続く気分変調症!その原因とは?

気分変調症とは、気分が優れず落ち込む感じが長期間続く精神的な病気になります。

そのようなことから、周りからは気持ちがたるんでいると思われがちです。

しかし、本人からしてみればそんなことはないので、苦しい思いをしてしまいます。

それでは、「気分変調症の症状と原因とは何なのか?」について説明していきます。

とても辛い精神的障害である気分変調症の症状とは?

気分変調症の症状は、精神的な問題が多いのが特徴になります。その時の気分によって食べることが苦になったり、逆に食べ過ぎてしまうことがあります。

また、寝つきが悪くなったり、眠ること自体が難しくなったりします。それと、プライドが持てなくなったり、集中することが難しくなったりします。気分変調症の人は、以上のような症状が長期間続き、途中で気分が正常になったとしても、すぐに元に戻ってしまいます。

そして、この症状は夜が近づくにつれて悪くなっていきます。食事の量が極端に変わったり、鬱みたいな感じが続いたり、落ち込むことが多かったり、笑うことが少なくなったり、自分を精神的に追い込むようなことが多い時、これらの症状が別の精神的な病気ではない場合、気分変調症の可能性が高いといえます。

ストレスのかかる環境が気分変調症の原因になる

自分が生活している周りの影響により、気分変調症になってしまうことがあります。環境が性格を作るといわれていることから、性格を作る成長期の環境が原因となる場合があります。

そのため、日常の生活で親が離婚したり亡くなったり、学校で嫌なことがあったりすると、それがきっかけとなって気分変調症になる恐れがあります。また、大人になってからも、仕事で嫌なことがあったり、会社を辞めたりすることがきっかけとなって気分変調症になることもあります。

以上のように、ストレスを過剰に受けることが原因になる場合があるので、注意が必要です。

性格や遺伝が気分変調症の原因になることも

子供の頃の周りの環境が性格に大きく影響しますが、成長してからも性格は変わっていきます。

その性格が気分変調症の原因になることも考えられます。そのため、性格が原因となっている場合は、治療をしていけば治すことができます。

また、性格は生まれ持ったものがあるという考えもあり、遺伝も関係している可能性もあるといわれています。そのため、親や兄弟が気分変調症になったことがある場合は、本人も気分変調症になる可能性が高いといえます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ