気分変調症の時に使う薬とはどんなもの?抗うつ剤が中心になります!

気分変調症の症状は、うつ病と良く似ています。うつ病よりも症状が軽いのですが、症状が長く治りにくくて時間のかかる病気になります。

治療に時間がかかるという事は、その間に飲む薬も長く続ける事になるという事です。もちろん症状の状況により、変化はしてくるのですがその変化は短時間で望める事ではないのです。

医師の正しい判断により、治療は進められます。その中で、処方される薬も色々とあるのです。今回は、そんな気分変調症で使われる薬について調べました。

気分変調症とはどんな病気?憂鬱な気分が長く続く!

気分変調症とは、最近では「気分変調性障害」とも呼ばれている新しい病名です。これは以前、ノイローゼと呼ばれた時もありました。

なんとなく憂鬱で、何もしたくない等の症状が1日中続いてその状態が2年以上続く慢性の病気になります。ただ、症状がうつ病に比べると軽いので病気とは考えずに自分の性格のせいでこうなっていると感じているケースが多く見られます。

うつ病より軽い症状?

気分変調症の症状がうつ病よりも軽いと言えども、毎日の生活をしていく上では辛い状況が長い間続いてしまうのです。自分に自信が持てなくなり、うつ病を併発してしまう事もあります。

気分変調症の治療薬の役割?治療のサポートの役割!

気分変調症という病気は、お薬を飲むだけでは治療は進まないのです。どうしても心理療法が必要になります。長い間苦しんでいた症状が病気からきている事と自覚する事が大事なのです

治療は心理療法が中心ですが、その時に患者さんの落ち込みが大きくなる事や不安が強くなる事もあるので抗うつ剤を使います。状況によっては、三環系抗うつ剤が使われる事もあります。

使われる抗うつ剤とは?

治療は心理療法が中心で進められます。副作用の少ない新しい抗うつ剤が、気持ちを楽にする為には高い効果がありますので使います。

    <治療に使われる新しい抗うつ剤とは>

  • SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です
  • SNRIは、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬です
  • NaSSAは、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬です

三環系抗うつ剤とは?

新しい抗うつ剤での効果があまり得られない時には、三環系抗うつ剤というものが使われます。これは、古い抗うつ剤になり副作用も多いので主治医の正しい判断の上使われます。

薬が治療のサポート?副作用の少ない薬で心を軽く!

以前は気分変調症の治療には心理療法だけで行われていました。しかし、最近は副作用の少ない抗うつ薬が開発されたので治療のサポートとして併用されるようになりました。

心理療法を進める中では、患者さんと主治医との間では色々な事が話されます。その時患者さんが少しでも心を軽くして進める為にも副作用の少ない抗うつ剤が役に立ちます。

薬で心を軽くするとは?

抗うつ剤の働きの中には、セロトニンのバランスと整えるという事があるので心の安定させて行く事が出来ます。効果として、いろいろな事が気にならなくなるのです。

使われる薬は何が違う?薬により高い効果や副作用!

抗うつ剤には、古いタイプの薬と新しいタイプの薬があります。薬の違いとしては、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを選んでその働きを邪魔するか、しないかというところになります。

古いタイプの薬は、選んで邪魔をするだけではなく他のレセプターにも邪魔をするので副作用が出やすくなります。それに比べると新しいタイプの薬は、対症部分を選んで邪魔をするので副作用が少ないのです。

高い効果のある薬は?

三環系抗うつ剤になります。これは、分泌された神経伝達物質は仕事を終えると回収されるのですがその回収を邪魔する事で効果が高くなります。

副作用の多い薬とは?

副作用の多い薬としても、三環系抗うつ剤があげられます。これは古い薬なので、色々なレセプターに働きがけをします。その分副作用も多く見られます。

治療で大事な事とは?焦らない事理解する事!

気分変調症の治療は、自分の内面にある事と向き合う事がポイントになります。気分変調症の症状であっつた部分が、自分の性格ではなかったという事を理解する事が治療には大切な1歩になります。

その次に、焦らない事です。どうしても治療には時間が必要になります。専門医の指導の基、少しずつ繰り返して対応していく事で治療の効果も出て来ます。

理解する事が治療に大切?

気分変調症という病気を理解する事で、症状が自分の性格から来ているものではないという事を確認すると長所も見つける事が出来て自信も出来て治療にも効果が期待できます。

専門医の指導の基とは?

自分の内面にある事と向き合う事は、1人では出来ません。ですから、いろんな事を話せる信頼ののおける主治医を見つける事も大切です。

まとめ

今回は、気分変調症に使われる薬についてどのようなものがあるのか、薬の役割とは何なのか、薬の違いは何なのか副作用等について調べました。

治療は心理療法が中心です。その時に、患者さんの落ち込みが大きくなる事や不安が強くなる事もあるので状況により抗うつ剤を選んで使います。

抗うつ剤は、古いタイプと新しいタイプの薬があります。薬の違いは、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを条件に選んでその働きを邪魔するかしないかというところになります。

古いタイプの薬は、他のレセプターにも邪魔をするので副作用が出やすく新しい薬は、対症部分を選んで邪魔をするので副作用が少ないです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ